無料の会員登録をすると
お気に入りができます

友達に異性を紹介してもらえない人の特徴4パターン

恋愛・結婚

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

恋愛偏差値30からの婚活相談室

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

こちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

こちら

異性を紹介してもらえない人の特徴を4つご紹介

お互いのことをよく知っている人の紹介で出会うと、いきなり仲良くなれる可能性が高いです。

「どこで出会ったの?」とカップルに尋ねると、「友だちの紹介で……」と言う人は多いですよね。友だちや知人の紹介で出会うメリットはたくさんあります。

・「類は友を呼ぶ」で、すぐに仲良くなりやすい
・相性が良さそうな人を紹介してもらいやすい
・どんな人なのか前情報がある
・間に知人がいるからあまり悪いことはできない

しかし「誰か紹介してよ!」と言っているのに、なぜか自分だけ誰も紹介してもらえない人たちがいます。彼らはなぜ紹介してもらえないのでしょうか? そして、どうすれば紹介してもらえるようになるようでしょうか。

紹介してもらえない人の特徴1:異性に対する理想が高すぎる

ある女性が言いました。「絶対に年収は1000万以上で、せめて有名大学を出てないとね。しかも高身長のイケメンで、私のことだけが好きで、記念日にはブランド品を買ってくれる人!」

また、男性は言いました。「モデル級の顔とスタイルの美女だけど巨乳。料理の腕はプロ級で、ほかの家事も完璧にできて、俺に絶対に反論しない性格が良い子」。

そのような理想にぴったりの人はいます。しかし、その人たちは当然のように競争率が高い高嶺の花。

上記の条件は極端な例にせよ、条件のハードルが高くなればなるほど「もっといい人に紹介したい」、条件の数が多くなればなるほど「該当者がいない」と思われるので、紹介してもらいづらくなります。

紹介してもらえない人の特徴2:誰でもいいから紹介して

「誰でもいい」というぼんやりした条件では、誰を紹介すればよいのかわからないまま、「紹介して」と言われたことを忘れてしまいがち。

紹介する人は、条件を踏まえて「あいつとあの子を会わせたら、いい雰囲気になるんじゃないか」など、頭の中でマッチングを考えます。ただ、あまりに漠然と「紹介して」と言われても、検索ワードを入れずに検索ボタンを押すようなものです。その場の会話として、記憶から流れていきやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ