無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと目玉焼きが美味しくなる調理の裏ワザ!濃厚な味わいに

レシピ

美味しい目玉焼きの作り方があるって本当?

目玉焼きの作り方って、一般的にはフライパンに油を引いて、割った卵をそのまま焼きますよね。
じつは、ひと手間加えるだけで「濃厚」で美味しい目玉焼きが作れるんです!早速ご紹介します。

「濃厚」で美味しい目玉焼きの作り方

用意するのは茶こし。ザルなど水切りできる物ならなんでもOK。

卵を茶こしに入れて水切りします。

フライパンに油を入れて温めます。

次に塩を入れます。

ここで、水切りした卵を投入!
水っぽくないので形もキレイです。

卵にしっかり火を通したいなら蓋をして下さい。

できあがり。丸い形のキレイな目玉焼きができました!

特別に用意するのは茶こしだけ。ザルなど水切りできるものならなんでもOKです。
この茶こし(ザル)を使って卵の水切りをするのが最大のポイントなんです!
卵の白身は、濃厚卵白と水溶性卵白でできているそう。水っぽくて粘土の低い水溶性卵白を水切りすることで、濃厚卵白だけが残って濃厚な目玉焼きができるというわけです。
それでは、作り方をおさらいしていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ