無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「結婚」はデリケートな問題? 未婚者に結婚のススメをアドバイスした人は

恋愛・結婚

(Kavuto/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

他人への「アドバイス」は難しいもので、置かれている状況や相手の心理状態によって、「要らぬおせっかい」になってしまうこともしばしば…。

なかでも取り扱い注意のテーマというと、外見や性格の欠点など、そして適齢期になると浮上する結婚ではないだろうか。

■口を出すのは難しい

晩婚化や、生き方の多様化が進む現在では、未婚の場合「結婚願望がない」「事情があって結婚できない」「結婚したいけど相手がいない」などなど、なかにはデリケートな問題が含まれている可能性もあるため、他人が口を出す場合は気をつけなければならないだろう。

しかし、もし自分が結婚して幸せならば、相手にも薦めたくなるのも人間心理。また、相談されてアドバイスすることもあるかもしれない。いずれにしても、塩梅が難しいテーマには違いないように思えるが…

■アドバイス経験は約2割弱

そこで、しらべぇ編集部が、全国20~60代の既婚者の男女823名を対象に調査したところ、「『結婚したほうがいい』とアドバイスしたことのある」人は、全体の18.8%。

男女別では、男性は23.4%、女性は15.1%と、男性のほうが8.3ポイントも高い結果だ。男性のほうがあまり気にせずオープンに話すことが多いのだろうか。

■50代は部下が気になる?

さらに男女年齢別で見ると、20代男性が33.3%、30代男性30.6%と、とりわけ高い傾向。次いで50代男性が27.1%と高ポイントだ。

20・30代男性は結婚適齢期といわれる年齢層。結婚に対して感心が高まる時期なのかもしれない。また50代男性は、部下の身の振り方も気になる時期だろう。アドバイスすることも多いのかも。

一方、女性は全年齢層2割以下という結果だ。やはり女性同士のほうが、悩んだ経験のある人が多いのだろうか。結婚の話題には気を使う意識が高いのかもしれない。

■幸せを伝えたい?

年収別に見ていくと、1000万円以上は37.5%、700万〜1000万円が32.9%と、高収入層ほどアドバイス経験があるようだ。幸せな結婚生活にはどうしてもお金は必要な場面も多いだろう。もしかしたら、幸せな結婚生活をすすめたくなる人が多いのかも。

他人にアドバイスする際の心理は様々だろう。親切の場合が多いとは思うが、感じ方や価値観は人それぞれ。相手の状況も加味したうえで話していきたいものだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ