無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元美容部員が実践!ベースメイクのお直しテク大公開♡

メイク

夕方のメイク直しで朝メイクを復活させるコツ4つ♡

朝出かける前に時間をかけてメイクしても、夕方には崩れてしまいますよね。特に日中の外出が多い人は、こまめなメイク直しが必要かもしれません。でも、一度崩れてしまったメイクを外出先でキレイに直すのは、なかなか難しいもの。

そこで今回は、朝のベースメイクをなるべく長持ちさせる方法と、メイク直しのポイントを4つご紹介します。

【テク①】夜大事な予定がある日はあえて崩れやすいメイクにすると◎

夜に大切な予定がある日は、朝からバッチリメイクをしてしまいがち。でも、むしろそんな日こそ夕方にメイク直しをする前提で、崩しやすいメイクをするのが正解なんです。

化粧下地はあえて塗らずに、ファンデーションに乳液を混ぜて塗ると、化粧下地がなくてもしっかりお肌を保湿できます。しかも落としやすいので、夕方のメイク直しが楽になりますよ!

どうしても崩れが気になる方は、皮脂が出やすいTゾーンだけは化粧下地を塗ってもOKです。

【テク②】皮脂のテカリ予防にはあぶらとり紙よりティッシュ

テカリを抑えるためにあぶらとり紙を使うと、かえってテカリを招く可能性があります。というのも、あぶらとり紙で皮脂を取りすぎてしまうと、肌が皮脂が足りないと勘違いして、さらに皮脂を分泌してしまうからです。

顔のテカリが気になるのであれば、あぶらとり紙のかわりにティッシュを使うようにしましょう。

【テク③】パウダーファンデのムラはパフで平らにならす

パウダーファンデを直すとき、そのまま上からファンデーションを重ねてしまうと、ムラの原因に。まずはヨレが気になるところを、何もつけていないパフで平らにならしてから、ファンデーションを塗りましょう。

【テク④】朝メイクに戻すなら化粧水ミストはマストです!

夕方の崩れたファンデーションを、朝のメイク仕立てのような状態に戻すには、化粧水ミストで一旦リセットします。ミストは顔がじんわり湿る程度に吹きかけて、ティッシュオフします。

持ち運びやすいように、化粧水を100均のスプレーボトルに移しておくのがおすすめですよ。

以上、ベースメイクのお直しテクニック4つをご紹介しました。メイクの照準を夜に当てるなら、朝の時点で鉄壁メイクをするよりも、一度落とすことを前提でメイクするのもアリですよ。

ぜひここぞという時に活用してみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ