無料の会員登録をすると
お気に入りができます

燻製たまごやチーズがすぐ完成。カルディで “魔法の粉” を発見

グルメ

秋田名物「いぶりがっこ」が簡単に!

Photo by akiyon

「いぶりがっこ」とは、秋田の伝統的な燻製風味の漬物のこと。囲炉裏の上に大根を吊るして燻し、米ぬかで漬け込んで作ります。

表面が黒っぽくて、強い燻製の香りが独特!そのクセの強い風味にファンも多く、最近ではクリームチーズと合わせて食べるレシピも定番化していますよね。

そんないぶりがっこ風の漬物を簡単に作れる「浅漬けの素」を、カルディで発見!どんな味わいなのか興味津々で購入してみました♪

粉末状で使いやすいのが魅力

Photo by akiyon

166円(税込)

カルディの「浅漬けの素 いぶりがっこ風」は、粉末状になった「素」が2パック入った商品。本来「いぶりがこ」を作るには大変な手間がかかりますが、素材に揉みこむだけで「いぶりがっこ風」になる便利アイテムです。

パッケージのイメージ画像には、トマトやなす、うずらの卵もあって、いろいろなものを漬けて楽しめます。作り方も簡単そうなので、気楽にトライしてみたいと思います。

Photo by akiyon

小袋から出てきた粉末は、ほんのり茶色っぽくて燻製の香りがふわり。本物のいぶりがっこの強い燻したような香りとは異なり、ほんのり香る程度です。

原材料として、粉末醤油や昆布エキス、くん液など数多くの材料が含まれていました。この商品を作りあげるのに、とても工夫を凝らしていることがわかります。

それでは、いよいよ漬け込み開始です!

まずは「燻製風たまご」に挑戦!

Photo by akiyon

パッケージに記されているおすすめ食材にうずらの卵があったのをヒントに、「燻製風たまご」を作ってみることにしました。ゆで卵やチーズなどの水気が出にくいものを漬けるときには、粉末を水で薄めた液を使用します。

Photo by akiyon

半熟卵を作って薄め液と一緒に保存袋に入れます。袋の空気を抜いて、そのまま冷蔵庫でひと晩漬けこみました。

Photo by akiyon
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ