無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ローソンの人気アイス「南高梅・白桃」の食べごろが到来!

レシピ

今度は南高梅!ローソンの人気アイス

Photo by muccinpurin

毎年夏に登場し、その本格的な味わいで話題を呼んでいる「ウチカフェ 日本のフルーツ」シリーズのアイス。夏を目前にした6月中旬、「南高梅」「白桃&黄金桃」の2種類が発売されました。

夏の暑さは苦手ですが、アイスがよりおいしくなるなら話は別。フルーツよりもフルーツらしいと前評判の高い2種を食べ比べてみました♪

果肉感にうっとり。「白桃&黄金桃」

Photo by muccinpurin

「ウチカフェ 日本のフルーツ 白桃」185円(税込)

甘い香りとジューシーな果汁が魅力で、夏から秋にかけて旬を迎える桃。ほかのフルーツと比べてもちょっぴり高価で、なんだか特別な感じがするのは筆者だけではないはず。

そんな桃を贅沢に2種類使用して作られたのが「ウチカフェ 日本のフルーツ 白桃」です。白桃果汁35%をベースに、黄金桃果汁を5%プラスして、アイスの半分弱が果汁というリッチな仕上がり。これはもうほぼ果物なのでは……!

山梨、福島に次いで全国第3位の生産量を誇る長野県の桃を使っています。

Photo by muccinpurin

パッケージから出した瞬間桃特有の甘い香りが漂います。今年はまだ桃を食べていないので、一年ぶりの懐かしい香りです。桃の香りって癒し効果がありますよね。

見た目は一般的なアイスキャンディーと変わらずですが、水分が多い感じはほとんどなく、ギュギュっと詰まっているのが見た目からもわかります。

Photo by muccinpurin

冷凍庫から出してすぐですが、カチカチではなくほどよい固さ。これも果汁をたっぷりと使っているからこその食感です。この絶妙なとろみ感は、桃の果肉がそのまま入っているからこそ。

さらに、みずみずしいおいしさを表現するために、白桃の果肉をソースにしているとのこと。口のなかに入れてもそこまで冷たさを感じず、濃厚な桃ジュースが広がっていくようなイメージです。

桃の食べごろでもある完熟を見極めるのは至難の業ですが、このアイスはまさに食べごろの桃をぎゅっと閉じ込めた特別な味。桃の味をそのまま忠実に再現していて、感動しきりの味でした。

ほどよい酸味が心地いい「南高梅」

Photo by muccinpurin

「ウチカフェ 日本のフルーツ 南高梅」185円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ