無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「すぐ散らかる部屋」からは卒業!楽にキレイが続く収納テク

「片づけてもすぐに散らかる...」とお悩みではありませんか? 汚部屋代表読者・さおりんさんもそのひとり。実はそれ、片づけ方が間違っているからかも! 無理せずともキレイな状態をキープできる収納テクをご紹介します。

撮影/木谷基一(After) イラスト/miri 編集/星野寛奈

2019年7月
インテリア

「彼が作ってくれた大事なドレッサーとテレビ台に合わせて、家具の色を白で統一したわ」とぷり子。「食器棚は引き出し付きにして、オープンラックを置いて収納場所を増やしたわよ!」

AFTER:壁には飾り棚を設置

押しピンでつけられる飾り棚をつけて、小物を飾って夏らしく演出。「彼は海好きと聞いたから、マリンテイストにしたわ。喜んでくれるかしら♡」とぷり子。

雑貨はほとんどが100円!

飾り棚に飾った雑貨やフォトフレーム、ブルーのマクラメはすべてナチュラルキッチンで購入。「ナチュラルキッチンは店内のほとんどのものが108円で、大物でも540円とか、びっくりする値段よ! 季節に合わせたインテリアを思う存分楽しめるわ」とぷり子。

BEFORE:すき間に置かれた炊飯器...

「こんなホコリだらけなところに置いた炊飯器からご飯を盛って、彼に出してるの?」と心配するぷり子。「大丈夫です!お米はおいしく炊けますよ♡」と切り返すさおりん。

AFTER:すき間に合わせて家具を配置!

奥行きの浅いオープンシェルフは圧迫感なく収納場所を増やしてくれるスグレもの。「棚にはモノを置きすぎず、ゆったり収納するのが大事よ!」と釘を刺すぷり子。

AFTER:100均アイテムを活用

セリアで購入したケースに、ティーバッグを収納。「選びやすいし、ドリンクバーっぽくて楽しいですね!」とさおりん。

AFTER:「目隠し布」が効く!

キッチンが狭いため、リビングに炊飯器を置かねばならないさおりん宅。「インテリアの雰囲気を損なわないように布をかけたわ。ホコリも防げるし一石二鳥よ! しかもこの布もナチュラルキッチン。もちろんブルーにしたわ!」ぷり子は小さなテクひとつでもいばり散らします。

使った優秀アイテムはこちら!

ine reno rack 4段オープンラック

koti

¥ 13,000

部屋を広く使えるように、奥行きが浅く設計された天然木の棚。棚板4枚は位置の調節が可能。

商品詳細
ine reno rack 4段オープンラック
item.rakuten.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ