無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まるでお菓子の世界!渡辺おさむ「お菓子の美術館」が東京・新宿にて開催

旅行・おでかけ

2019年7月31日(水)~8月14日(水)、東京・新宿の小田急百貨店本館11階にて、現代美術作家の渡辺おさむ氏が手掛ける、本物そっくりのお菓子のアート展覧会、「お菓子の美術館」が開催されます。

「お菓子の美術館」とは?

「お菓子の美術館」とは、樹脂を使い、本物そっくりのクリームやキャンディなどを様々なものにデコレーションして作品を作り上げる、現代美術作家の渡辺おさむ氏による大規模個展です。

可愛すぎる様々なスイーツデコアート!

今回展示される、スイーツデコアートはどれもおとぎの国を抜け出してきたかのような可愛いものばかり!展示は全部で9つのエリアに分かれており、お菓子の美術館や、お菓子の森、お菓子の晩餐会、スイーツアクアリウムなどワクワクする展示が目白押し。

また、開催期間中には渡辺おさむ氏によるワンコインの、ワークショップが開催されます。この機会にぜひお菓子のアートを作ってみては。

可愛い作品たちをちょこっとご紹介

お菓子の水族館

パステルカラーを使い、いろいろな種類の魚を細かく表現した、ファンタジーのような作品。よく見ると、マカロンやキャンディがちりばめられています。

お菓子の街

お菓子の国に自分が来てしまったかのような没入感が味わえる作品。装飾はクリームやプレッツェル、クッキーなどを使った細かい演出。一つ一つの建物に細かい装飾がされているので、他の建物との違いを探すのも楽しいです。

全長2mのユニコーン

なんと、全長2mもある巨大なユニコーンがお菓子で装飾されています。たてがみと尻尾はピンクを中心としたパステルカラーで表現。ひづめや、くらなどはチョコレートをちりばめた可愛らしいデコレーションとなっています。

「お菓子の美術館」開催概要

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ