無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鉄骨造の長所を引き出すリノベアイアンとウッドの経年変化を楽しむ家

中野駅からほど近い便利な場所に建つ3階建てをリノベーション。素材感を大切に、そして使い勝手のよい動線を考えた居心地の良い家ができあがった。

インテリア

動線を考えた家づくり
中野駅至近の便利な場所に建つ鉄骨3階建ての戸建てを購入し、リノベーションしたYさんご夫妻の住まい。
リノベーションはランドスケーププロダクツに依頼した。
「ランドスケーププロダクツが運営するインテリアショップ『プレイマウンテン』が大好きで、よく通っていました。そのランドスケーププロダクツが個人宅のリノベーションを手掛けていると知り、すぐにコンタクトをとりました。
デザイナーの片山貴之さんは、ざっくばらんに会話をする中で、好きなものややりたいことを的確に拾って形にしてくださいます。インテリアを含め、思い描いていたイメージ以上の家になりました」
なかでも、Yさんが大切にしたことのひとつに、“動線”があったそう。
「たとえば、波乗りから帰ってウエットスーツをどこで洗って、サーフボードをどこに置くか。脱いだ洋服はどこに仕舞うか。家に帰って鍵をどこに置くか。そんなふうに動きを考えながら間取りを決めていく過程がとても楽しかったです」
もともとは外階段で上がった2階に玄関がある家だったが、動線を考え、外階段を外して1階に玄関を作り直したのだそうだ。
「とても暮らしやすい家になりました」

1階はもともと倉庫として使われていたのだそう。玄関のモルタルを奥まで伸ばし、土間のように使えるスペースに。オーク材を貼った壁面に自転車ラックを設置。階段は新設した。

1階に、サーフィンから帰ってきてすぐにウエットスーツやボードを洗えるシャワーブースを作った。「砂をここでしっかりと落とします」

玄関脇に鍵などを収納できるBOXを作った。「家に帰ってきてここに鍵をしまう。出かけるときはここから持ち出す。動線を考えて、必要なものを考えました」

木+鉄の経年変化を楽しむ
広い空間を作ることができる鉄骨造の建物の良さを生かし、2階に広々としたリビングとキッチンを作った。
「天井の内装材をはがしてみたら、鉄骨が見えたので天井は現しにしてもらいました」
階段も鉄骨造の質感を生かしたデザインにして、インテリアにアイアン+ウッドの統一感をもたせている。
「鉄や木など、時間とともに自分たちと一緒に育ち、味わいを楽しめる素材が好きです。キッチンの白ラワン材の面材は、かなり赤っぽく変化してきました」
床は無垢のオーク材を使っている。ヘリンボーンやパーケット、乱尺張りなど、リビングや寝室、廊下で張り方を変えて楽しんでいる。

ソファやローテーブルはランドスケーププロダクツが制作。床材は無垢のオーク材のオイル仕上げ。

ブラインドはハンターダグラスのものをチョイス。柔らかな光を室内に取り入れながら、外の建物からの視線は遮ることができる。窓枠の下にはナラ材を張った。アアルト、タピオ・ウィルカラ、フリッツ・ハンセン……お気に入りのイスを一脚づつ並べている。

ダイニングテーブルもランドスケーププロダクツのオリジナル。天板は3階の書斎の床材に使ったヘリンボーンのオーク材。

キッチンの吊り戸棚やアイランドキッチンの腰板は、白ラワン材の突板を使っている。キッチンの天板は熱い鍋などもそのまま置けるステンレスに。「ヒースタイルを使ってみたいとも思いましたが、そこは敢えて引き算のデザインにして、シンプルな白のタイルにしました」

お気に入りのものを飾っている棚とたっぷりの緑の組み合わせが美しい。「ここに越す前は植物には興味がなかったのですが、いまはすっかりハマっています(笑)」

「普段なかなかTVを見る時間がとれないので、風呂に入りながらTVを見たいという希望がありました。ならばユニットバスのほうがいいだろうということになり、片山さんにメーカーのショールームまでお付き合いいただきました」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ