無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしりの形はピーマン型?桃型?美尻になるための座り方

美容

お腹とおしりの美しさの肝は座り方

姿勢のために正しく座るなら、気持ちの良い座り方!

姿勢が美しい人、お腹まわりが美しい人を観察した結果、「座り方が美しい」ということに行きつきました。実際聞き込みをすると、「姿勢が悪いとお腹が出る」という考えをお持ちの人までいらっしゃいました。

逆に、お腹を凹ませたい人(つまり、お腹周りに悩む人)は、

といったことがあるようです。

今回は、どんな方でも楽に動ける座り方で、お腹とお尻のラインを整える方法をご紹介します。

座り方のポイントは坐骨と腸骨

イスに座ったときの土台である骨盤の中で、「腸骨」と「坐骨」の位置を触ってチェックしましょう。

「普段どう座っているか」骨で知ってみよう!

■腸骨
骨盤の大きな骨、腰の近くにある骨です。

■坐骨
イスに座ったとき、イスに当たる骨です。脂肪が厚く坐骨の位置がわからない人は、脂肪をかき分けてみてください。脂肪をかき分けてもどこが坐骨かわからない人は、背中のほうからお尻を触っていき、坐骨を探してみましょう。

ピーマン型?桃型?おしりの形でバレる、あなたの座り方

「お尻がピーマン型で~」「安産型で~」というフレーズをおっしゃる人もいますが、普段どんな座り方をしているかは、お尻の形で推測することができます。

■ピーマン型(四角いお尻の人)の特徴

腰回りの脂肪が気になる人はピーマン型かも?

四角いお尻になっていませんか?

お腹にシワがある人は、座ったときのシワと照らし合わせてみよう

■桃型(丸くボリュームのあるお尻の人)の特徴

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ