無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして下心? 泊まりに来る男友達の心理

恋愛・結婚

泊まりを提案する男友達の心理とは? 脈ありサインor下心か、ラブホの上野さんが男性の本音を紹介。「泊まってもいい?」と言われたときの対処法を解説します。

ラブホの上野さん

「悪い、終電なくなっちゃった……。泊まりに行ってもいい?」

男友達と遊んでいるとき、相手から「泊まりに行ってもいい?」とお願いされた経験はあるでしょうか。

もしも皆様がその男性との関係を発展させたいのであれば、迷うことはありません。

するかしないかはともかく、彼を自宅に招いて一緒に夜を明かせばいいでしょう。

問題なのは彼との関係を発展させるつもりがない場合。

純粋に男友達として会っている相手や、関係をゆっくりと進めたい相手の場合は、彼からのお願いにどう答えればいいか判断に迷うことでしょう。

相手のお願いを無下に断るのも苦手だし、そもそも「何かあるかも!?」と思っているのは自分だけかもしれない……。

今回はそんな「男友達が泊まりに来ようとした場面」でどのように対応すればいいのかを解説させていただきます。

「泊まってもいい?」と聞く男友達の心理

まずはこんなシチュエーションを想像してみてくださいませ。

男性が女友達だと思っている女性と飲みに行って、自分だけ終電を逃してしまったとしまった。もう自分の家に帰ることはできないけれど、女友達の家なら近い。

そんな状況だったとして、男性がその女友達の家に転がり込むかといえば、これは99%あり得ません。

本当に「女友達」なら男性側に泊まるメリットはない

その理由は極めて簡単。

相手とセックスする気がまったくないのであれば、女友達の家に転がり込むなんて面倒なことをするメリットがあまりにもないのです。

「泊まりに行ってもいい?」というひと言でその女友達との関係がギクシャクしてしまうかも知れません。さらに「あいつは女の家に来る危ない奴だ」なんていういらぬ噂を流されてしまうかもしれない。

また男性が「女友達」としか思っていなかったとしても、相手が男性のことを「男友達」と思っているという保証はありません。ですので、「泊まりに行ってもいい?」と行って期待させてしまい、いらぬ失望感を与えてしまうこともあるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ