無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インナードライ肌ってどんな肌?みずみずしい美肌になるには?

美容

インナードライ肌はトラブルのもと!?肌内部から潤う健やかな肌に導くテクニックをご紹介

「インナードライ」という言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。しかし、インナードライがどのような肌の状態かご存知ですか?

実はインナードライの状態を放っておくと、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。そこで今回は、インナードライ肌とはどのような肌状態なのかと、その改善方法についてお伝えします。

インナードライ肌とは

godmake.me

インナードライ肌とは、名前のとおり肌の内側の水分が不足し、乾燥している状態。このとき肌の表面は皮脂の分泌が多く、テカリ・べたつきがあるため、脂性肌と間違われることがあります。

このようにインナードライ肌とは内側が乾燥肌、外側は脂性肌の特徴を合わせ持つ肌状態ということが言えます。では何が原因でインナードライ肌となってしまうのでしょうか?

それは乾燥です。「肌表面は皮脂が多いのになぜ?」と思う方もいらっしゃると思います。この疑問を解決するためには肌の性質を理解する必要があります。

肌表面は水分と皮脂が混ざりあり、肌を外部刺激から守ってくれる皮脂膜を形成します。この皮脂膜を形成するには、水分と皮脂がバランスよく存在していることが条件となります。

しかし、肌の内部が乾燥していると、肌表面の水分と皮脂のバランスが崩れてしまいます。バランスが崩れると、不足している水分を補おうと皮脂が過剰に分泌されます。つまり、肌内部が乾燥することで、肌表面の皮脂が多くなってしまうのです。

インナードライ肌が陥りやすい肌トラブル

godmake.me

肌の水分と皮脂バランスが崩れていることから、インナードライ肌の場合、肌のバリア機能が弱まるため、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

どのような肌トラブルが起きやすいのでしょうか?

ニキビ

インナードライ肌は肌内部が乾燥し、肌表面の皮脂分泌が多くなることから、皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となります。

皮脂が多いので脂性肌と勘違いしてしまい、肌のテカリや皮脂を落とそうと過剰な洗顔をしたり、保湿を怠ったりすると乾燥を誘発させます。その結果、さらに皮脂を分泌させ過剰な皮脂が毛穴を詰まらせ、雑菌が繁殖してまた新たなニキビができるというループに陥ってしまいます。

小じわ

水分が不足し、肌が乾燥すると、肌内部の潤いを保っている成分が減少します。すると肌内部の水分を保持することができず、水分が蒸散してしまいます。その結果、肌の保湿力が低下してしまうのです。

肌の保湿力が低下すると、肌のキメが粗くなり、小じわの原因となります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ