無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分たちらしくリメイク好きなものに囲まれて暮らすヴィンテージライクな家

インテリア

「田舎に住みたかったんです」と、神奈川県を走る相模線沿線に家を建てた菊地幸太郎さんと麻未さん夫妻。相模線は、茅ヶ崎駅と橋本駅を結ぶローカル線で、全線単線。車窓からはのどかな田園風景が楽しめる。「最寄りの駅は小さな無人駅で、ボタンを押さないと電車のドアが開かない……そんな雰囲気にわくわくしたんです」と笑う幸太郎さん。麻未さんも、「駅を出ると相模川が見えて、遠くには丹沢山系が望める。そういうところを歩いて家に帰ることができたら気持ちいいだろうなぁって思って」と話す。
以前勤務していた古着屋で出会ったというお2人。「使い込んだ感じに惹かれる」(幸太郎さん)、「ボロボロのほうがかわいい」(麻未さん)と、ユーズド感のある雑貨や家具が好きで、インテリアの好みも似ているという。
そんなお2人が「自分たちの世界観とマッチした」というのが『ライフ・ステージ』が手掛けた家。自然素材にこだわった、ヴィンテージ感あふれる住宅に興味を持たれたそうだ。「床は無垢材、壁は漆喰にしたかったんです。手や足に触れると心地いいし、経年変化も楽しめますからね」と幸太郎さん。リビングの天井にはエイジング加工をした梁を取り付け、壁の一面には特殊加工を施した杉板を設置。ヴィンテージ感をさらに高めている。

天井の梁と杉板のウォールポイントがヴィンテージ感を盛り上げる。「杉板の壁部分には洋服やブーツのディスプレイを考え中」(幸太郎さん)。

古材を使用したダイニングテーブルとベンチのセット、ソファは新居で購入。リビングの武骨なテーブルは以前から持っていたもの。すべて『クラッシュゲート』。

玄関ホール。アンティークガラスがレトロな印象の小窓はリビングに通じる。ウエスタン扉の奥はシューズクローゼット。アウトドアグッズなども収納。

「彼が脱ぎ散らかした洋服を片付けるためにリビングに置いています」(麻未さん)。古着屋時代に培った収納術が活かされている。

麻未さんが『ライフ・ステージ』を選んだ決め手と話すのは、オーダーメイドのキッチン。「形から入るタイプなので、可愛くないと料理はしない!と言い、私に任せてもらいました」(笑)。
麻未さんの大好きな淡いグリーンと白のタイルを組み合わせたカウンターに白い木製のキャビネット、取っ手は真鍮にするなど、麻未さんの理想どおりのキッチンが完成した。
背面にはオープンラックを造作し、見せる収納にチャレンジ。「食器類は、可愛くないものは買い替えました(笑)。飾り棚も設えてもらい、ディスプレイも楽しんでいます」。
リビング側には、キッチンカウンターの上に屋根を取り付けた。「“居酒屋マミちゃん”と名付けて、“はーい、いらっしゃい!”とか言いながら、カウンター越しに料理やドリンクを手渡ししたりして2人で遊んでいます(笑)」(麻未さん)。

麻未さんのリクエストに沿って完成したキッチン。使い勝手もよく、料理も楽しいそう。奥のアール型の開口からパントリーに続く。

造作のオープンラック。棚の高さは変更可能。「扉の開け閉めがなく楽です」(麻未さん)。ディスプレイはいろいろなお店をチェックして研究中。

買い溜めした食料品等をお洒落にストック。収納グッズにもこだわりがみられる。

キッチンカウンターの上に屋根をつけて、居酒屋風に。菊地邸にはぬくもり感のあるホウキ&チリトリ(左側)が所々に置かれ、インテリアの一部になっている。

カウンター越しに会話も弾むお2人。夜にはテーブルの上のランタンに火を灯し、ほかの照明を消すと、また違った雰囲気に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ