無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腸内細菌を理解して腸美人になろう!腸育コンシェルジュが伝授します

美容

腸は「第二の脳」、「免疫の要」といわれるほど重要な部分です。腸内環境は、肌や身体に密接な関係があることを皆さんはご存知のはず!この機会に腸内にある3つの細菌を理解し、今後の腸育成に役立てましょう。

腸内細菌とは?

godmake.me

便の成分は、3分の1が腸内細菌またはその死骸です。腸内細菌は、人によって異なり、生活習慣や食習慣、年齢によって変化します。

腸内環境のバロメーターとなる細菌は、大きく分けて3種類。腸にとって良い働きをする「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、どちらかが優位になった場合に協力する「日和見菌」です。これらの理想的な細菌バランスは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割といわれています。

それぞれの菌は体にとって必要な働きをしてくれるので、菌バランスを維持することができると、様々な不調の改善に期待することができます。

腸内細菌をご紹介!

godmake.me

善玉菌の働きとは?

おもに、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などが挙げられます。これらの菌は、腸内を弱酸性に保つことができ、悪玉菌の腐敗や繁殖を防止する働きがあります。

そのほか、体への影響として血圧を下げたり、病原体やウイルスの侵入を防いだり、癌や腸疾患を予防するなど、生活習慣病予防に効果的です。また、肌に関しては、アトピー性皮膚炎の症状を緩和したり、紫外線による皮膚ダメージを抑制したり、花粉症を改善するなど皮膚機能の向上効果が期待できます。

いま挙げた効果以外にも、さまざまな働きをみせてくれる善玉菌!腸を健康に保つことは大切なのです。

悪玉菌の影響は?

有名な菌は、「ブドウ球菌」や「ウェルシュ菌」、「大腸菌」などが知られていますね。

悪玉菌は、腸壁の細胞を傷つけたり、有害な物質を作り出す働きがあるため、健康阻害への影響が心配されています。さらに、腸内をアルカリ性にするので善玉菌の働きが弱まり、免疫機能が低下します。悪玉菌が優位になると便秘を引き起こしたり、生活習慣病になりやすいため注意しなければいけません。

ですが、悪玉菌は体に不要なものではありません。善玉菌は、悪玉菌と戦うことでさらに効果を発揮してくれるもの。身体にとって不要なものは何ひとつなく、すべては菌バランスを上手に維持することができるかどうかです。悪玉菌を優勢にしないための生活習慣が、腸美人になるカギを握ります。

日和見菌の特徴は?

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌それぞれ優勢なほうに味方をする菌です。病原性を持たない「大腸菌」や「バクテロイデス」などが挙げられます。

日和見菌は、全体の7割と腸内細菌のなかでもとくに多い菌です。そのため、善玉菌が優位になると腸内を綺麗に保つことができ、悪玉菌が優位になると肌や身体に悪影響を及ぼします。

腸内環境改善はいいことづくし!

godmake.me
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ