無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜ謝れないの?「我が強い人」の操縦法

自分の主張を押し通す、ほかのやり方を認めない、融通が利かない。「我が強い」人というのは“たぶんそんなに悪い人じゃないんだけど、やっかい”なものです。「気が強い」とも「芯が強い」ともちょっと違う、「我が強い」というのはどんな人でしょうか。このタイプの人とうまく付き合っていくために、我が強い人の特徴と操縦方法を、心理学者の平松隆円さんに教えていただきます。

平松隆円(化粧心理学者)

ライフスタイル

あなたの周囲に、人のアドバイスを聞かないという人や、たとえ間違っていることがわかっているのに、自分の意見や行動を通そうとする人はいませんか。

そういう人のことを、“我が強い”なんていいますよね。はたして、我が強いのはたんなる性格なのでしょうか。

“我が強い人”の特徴

我が強い人というのは、どんな特徴を指すのでしょうか。まずは、言葉の意味から確認しておきたいと思います。

『デジタル大辞泉』(小学館)には「強情である。意地っ張りである」と載っています。また『大辞林』(三省堂)によると、「自分の考えを押し通そうとする気持ちが強い。他人と協調する気持ちに欠ける」との意味が載っています。

一般的に私たちは、我が強いことを、「頑固」と同じ意味でとらえていますよね。それでは頑固の意味はというとどうでしょう? 「かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと。また、そのさま」(『デジタル大辞泉』)。まあ、意味はほぼほぼ同じといえそうです。

それでは、我が強い人の特徴を考えていきましょう。

周囲の変化に適応するのが苦手

我が強い人というのは、周囲に自分を合わせる、つまり周囲へ適応することが苦手な傾向があります。

人は誰しも加齢にともない、自己中心性が高まったり、頑固になりやすくなります。これは年を重ねていくことで、周囲の変化に自分の変化が追いついていかず、そのため昔ながらの考え方ややり方を通そうとするからです。

年齢に関係なく、我が強い人というのは、“自分をまわりにあわせることが苦手”な人といえるでしょう。

空気を読むのが苦手

けっこう昔に、「KY(=空気が読めない)」という言葉が流行りましたが、我が強い人は空気を読むのが苦手かもしれません。この場合の“空気”とは、“暗黙のルール”といいかえることができます。

私たちが生きる社会では、法律のように明文化されてはいないけれど、みんながそれとなく守っている、“無意識のうちに決まったルール”があります。たとえば、満員電車ではカバンを背負わずに手荷物とか、公共の乗り物の中では匂いの強い食べ物を食べないとか、さまざまありますよね。

ふつうは、意識せずともこの暗黙のルールを読み取って、それに自分をあわせていくのですが、我が強い人は、その暗黙のルールを読み取ることが苦手な傾向があります。そのため、暗黙のルールを無視して、自分のやり方を通そうとするんです。

人の話を聞かない

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ