無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「真実の愛」はひとつじゃない? 今田耕司、藤森慎吾、指原莉乃が語るバチェラー3

エンタメ

私たちより何年か先に生まれただけなのに、色気と包容力があってかっこいい。でも、そんな彼らにも苦悩があるのだろうか。未知の「大人の男」に焦点を当てて、彼らの魅力や実態に迫る特集です。

ameri

ひとりのハイスペックな大人の男「バチェラー」を巡って20人の女性が戦いを繰り広げる『バチェラー・ジャパン』(Amazon Prime Video)。

大好評のシーズン1、2を経て、2019年9月13日(金)からシーズン3の配信が決定! 今回は、スタジオでそのバトルの様子を見守るMCの今田耕司さん、藤森慎吾さん、指原莉乃さんの3名に『バチェラー・ジャパン3』の見どころや自身の恋愛観について話してもらいました。

シーズン3バチェラーの素顔は? 歴代バチェラー大集合インタビューはこちら

左から、藤森慎吾さん、今田耕司さん、指原莉乃さん

大人の男・藤森&今田は「バチェラーみたいなプロポーズ」が理想!?

――スタジオでバチェラー3をご覧になって、ご自身の結婚観や恋愛観に変化はありましたか?

藤森さん:バチェラーはスケールが大きく、映像内でちょっとしたデートに使う場所がプロポーズくらいの規模なんですよね。女性は派手な演出が好きだということをバチェラーから学べたので、ベタと言われようがプロポーズのときには活かしていきたいです。

今田さん:僕も「プロポーズは派手にやったほうがええ」ということは学べました。やっぱり身近な芸人でも、しっかりプロポーズをした夫婦は円満なイメージがありますね。フジモン(藤本敏史さん)はディズニーランドのシンデレラ城の前でガラスの靴を用意していたし、庄司(庄司智春さん)はサンリオピューロランドへ連れて行っていたし。女性側の好みが明確だとよりいいですよね。

――指原さんは、恋愛観に影響はありましたか?

指原さん:スケールが大きすぎるし、あんな環境で恋愛することがまずないので、自分の恋愛観に影響があるかといわれたら正直自分には関係ないかなと思ってしまいます(笑)。今回も完全に「ショー」として楽しんでますね。

「真実の愛」はある? 大人になった今だからわかること

――『バチェラー・ジャパン』のテーマは「真実の愛」ですが、みなさんにとって真実の愛とはどのようなものですか?

今田さん:うーん、「あの夫婦はラブラブだな」と思っていても次々に離婚してしまうので……。真実の愛を求めても、あとで傷つくだけですよ。

藤森さん:掴みたいですけどね、真実の愛を。

指原さん:バチェラー1、2で結ばれたカップルも、破局していますしね……(笑)。

今田さん:そうなんだよなー。

指原さん:だからこそ私は、シーズン3は本当に信じているんです! 今シーズンこそ、バチェラーはカップルになった女性と結婚してほしいと思っています。

今田さん:たしかにシーズン1、2のカップルは破局してしまっているけど、それでも当時は「真実の愛を見つけた」と思ったはずだから、そう思えることが大事なのかな。「真実の愛」は何個あってもいい気がするんですよね。見つけたと思えていることが素晴らしいなと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ