無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「カフェオレ専門店」潜入!ふわっふわミルクも・・自分好みにカスタムできるカフェオレ飲み比べ

グルメ

自分好みにカスタマイズが楽しめるカフェオレ専門店/Cafe au lait Tokyo

2019年6月にオープンした「Cafe au lait Tokyo(カフェオレ トウキョウ)」は、高田馬場駅の戸山口から徒歩約1分の場所にある、カフェオレ専門店。

カフェオレとは、ハンドドリップなどで淹れたコーヒーとミルクを合わせたもの。エスプレッソとミルクを合わせて作るカフェラテと比べると、苦みが少なくまろやかな味わいが特徴です。

同店は、国内でも珍しいカフェオレ専門店。お店を作る際、「苦味のあるコーヒーは苦手だけど、コーヒー牛乳は好き」という意見が多かったため、カフェオレ専門店を開くことにしたのだそう。

カフェオレのメニューは、「ホット」(518円)と「アイス」(561円)、「フラッペ」(626円)の3種類が用意されています。「ホット」と「アイス」を注文する場合は、自分好みにミルクや甘味がカスタマイズできるのが最大の魅力です。

一杯一杯丁寧に作られるカフェオレの「ホット」

「ホット」は、まずミルクの種類と量を選びます。ミルクは成分無調整・低脂肪・豆乳の3種類から、そして次に、ミルクの量(ふつう・多め・たっぷり)を決めます。

続いて、甘味の種類と量を選びます。用意されているのは、砂糖、カフェオレと相性のよい沖縄県多良間島産の黒糖、カロリーオフシュガー、蜂蜜(+32円)、練乳(+32円)の5種類。また、量もひかえめ、ふつう、多めの3種類から選べます。

今回のカスタマイズは、お店オススメの “ミルク・量多め&黒糖・量普通”をチョイス。

作り方は、まず大きめのカフェオレボウルに黒糖を入れ、その上からハンドドリップで淹れたコーヒーと、ミルクパンで温めたミルクを注ぎます。

コーヒー豆はミルクと合うよう特別にブレンドされたもの。信頼できるロースターから焙煎したてのものを届けてもらっているそう。一杯一杯丁寧に作られ、ちょっと贅沢な気分。

ひと口飲むと、苦みはほとんど感じず、やさしいコーヒーのコクと香りや、ミルクの甘みが口の中に広がります。黒糖の甘みがまろやかで、ほっと癒される味わい。

ドリンクはすべてテイクアウト可能ですが、イートイン希望の方にはカフェオレ1杯につきクッキー2枚をサービス。時間に余裕のあるときは、ゆっくりと店内で味わうのもいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ