無料の会員登録をすると
お気に入りができます

保存版♡眉毛難民さん必見!マニアが生み出した失敗しないトレンド眉の作り方

メイク

トレンド眉の特徴は?

少し前まで、太め・濃いめのヘルシーな感じの眉が流行っていましたが、太さを残しつつも洗練されたハンサム眉がトレンド。

相変わらず、角度をつけない平行眉がトレンドですが、きっちり横線を引く平行眉というより、もっとナチュラルで作り込んだ感じのしない眉がおすすめです。

より立体的に、自然に見えるように、アイブロウペンシルは横ストロークより縦ストロークで動かすのが◎。

左右非対称でも大丈夫!誰でもできる眉の整え方

まずは、眉の整え方の基本となる「眉頭」「眉山」「眉尻」の点打ちと、顔のセンターラインを引いていきます。

・眉頭…小鼻からまっすぐ真上に伸びた場所
・眉山…小鼻から黒目の外側を結んだ直線上
・眉尻…口角と目尻を結んだ直線上

私は長めのアイブロウペンシルをポイントとなる点に沿わせてそのままグッと点を打っていきます。

このとき、もとの眉の形は無視しても大丈夫です(写真を見て分かる通り、写真左の眉頭は毛が全く足りていませんが問題ありません)。

通常の眉の整え方ではこの3点を基準としますが、次の工程で左右の眉の感覚を調整するために、顔の真ん中にセンターラインを引きます。

※黒い点線は前の工程で小鼻や口角から伸ばした線です。

次に、定規やペンシルなどを顔に当て、前の工程で打った点を繋げていきます。

①眉山と眉山を結ぶ直線
②眉山と眉尻を結ぶ直線
③眉頭と眉頭を結ぶ直線(眉尻と同じくらいの高さで大丈夫です)

通常はこれでだけでいいのですが、私は骨格の歪みのせいもあり、小鼻を基準に打った眉頭の間隔が等間隔ではないので、センターラインを基準にして間隔を調整していきます。

写真右側の黒い点線が小鼻からまっすぐ伸ばした線ですが、センターラインを基準にすると、写真左に比べて若干広いので1mm程度眉頭をセンターに寄せます。

このとき、寄り目の方は「狭い方を広く」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ