無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横浜中華街でグルメなランチめぐり!一度は行きたい人気店18選

グルメ

日本で最大規模を誇る横浜中華街には無数の中華料理店がひしめき、ランチやディナーに多くの人が訪れるグルメスポットとして有名です。そんな横浜中華街でお手頃店からちょっとリッチなおしゃれ店、食べ歩きできる点心のテイクアウト店まで、ランチの評判店を各6選ずつご紹介します。

☆ゴン

横浜中華街で安くておいしいランチ6選

1. 四川料理が評判「京華樓 本館」

みなとみらい元町・中華街駅2番出入口から南西へ徒歩7分ほど、関帝廟通りと香港路の角に立つ自社ビル店舗。大きな袖看板と黒地の金文字看板、赤く塗られたひさしの軒裏が目を引く外観で、白を基調とした店内は3階まであり、テーブル席が計170席もある広いお店です。

750円(税込)

四川料理をメインにしたお店で、看板メニューである麻婆豆腐をはじめ、四川坦々刀削麺や鶏の唐辛子香味炒めなど、パンチの効いた辛い料理が評判。週替わりのランチは4種類あり、なかでも麻婆豆腐とライス、スープにザーサイ付きの定食が一番人気でおすすめです。

店舗詳細はこちら|ぐるなび

2. 創業68年のお粥の名店「謝甜記」

元町・中華街駅2番出入口から西へ徒歩3分ほどのところ、中華街大通りと上海路の角にあるお店です。真っ赤な外壁が鮮やかな4階建ビルの1階にあり、袖看板と黄色文字看板、赤いテントが目印。カジュアルでこぢんまりした店内に、テーブル席ばかりが20席ほどあります。

710円(税込)

1951年創業の老舗店でお店はこの本店だけですが、行列のできる屈指の名店として知られます。15種類ほどあるお粥はだしが効いたコクのある味わいで、一度食べたらやみつきになること間違いなし!毎朝手作りされる海老焼売と揚げパンも、お粥によく合うと人気ですよ♪

3. アットホームな雰囲気の「愛群」

元町・中華街駅2番出入口から南西へ徒歩6分ほど、市場通りから西の関帝廟通りに面したビル内にあります。黒地に金文字の袖看板とひさしの看板があるカジュアルな外観で、白にピンクをアクセントにした店内は1階と2階があり、テーブル席ばかりが60席ほどのお店です。

950円(税込)

冷菜から点心、お肉と海鮮、ご飯物に麺類まで、多彩なアラカルトがありますが、ダントツの一番人気がこの牛バラ飯。3日もかけて煮込まれたバラ肉は、ビーフシチューのようにとろけるやわらかさで、八角がほのかに香るソースが抜群においしいと評判になっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ