無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便秘解消して痩せるダイエット!体内環境を整える6つの方法

美容

どの食品が自分の便秘解消に有効なのかは、いろいろと試すしか方法はありません。発酵食品の中でも特に便秘解消食品として効果が高いのはやはりヨーグルトですが、ヨーグルトに含まれている菌も商品によって実に様々です。1~2週間続けてあまり変化がないようなら、他の商品に変えて自分に合うものを見つけていきましょう。

便秘解消方法5:リラックスする時間をつくる

忙しくても、美容と健康のためにリラックスタイムは大切にしよう!
便意が起きるのは、副交感神経が優位な状態になっている時です。副交感神経はリラックスしている時に働き、反対に興奮、怒り、ストレスなどで交感神経の方が優位な状態の時は便意が起こりません。

気持ちが高ぶっている時よりも、気持ちが落ち着いている時の方が便意が催されやすいのはそのためです。

特に、毎日忙しく時間に追われている生活をしているような人は、副交感神経が働かず便意が起きにくいので要注意です。体をリラックスさせる時間を毎日しっかり摂ることで、自律神経の働きが正常化して、交感神経と副交感神経の切り替わりがうまく働くので便意をしっかり感じられるようになります。

毎日半身浴をするだけでも、自律神経は整います。
心身ともにゆっくり休む時間を作りましょう。

便秘解消方法6:腹筋と有酸素運動

腹筋の力が弱くなると、腹圧が低下して便を外に押し出せなくなります。高齢者と女性に便秘が多いのはその点も関係しています。また、ウォーキングやサイクリングなどの軽い有酸素運動は、副交感神経を活発にするので体がリラックスモードになり、体内が排便しやすい環境に整います。

便秘の改善のためには、食生活の改善だけではなく運動の習慣化とストレスをためないこともとても大切です。ダイエットを始める前に、まずは便秘の解消に努めましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ