無料の会員登録をすると
お気に入りができます

助手席の役割は? 「ドライブデート」の注意点

恋愛・結婚

次のデートに誘われなかった、フェードアウトされた……。そんな女性たちの「デートの失敗談」をラブホの上野さんが分析する連載です。このデートのどこがダメだったのかを、紳士的かつ論理的に解説します。

ラブホの上野さん

今回の失敗デート

気になる男性とのドライブデート。相手が運転してくれましたが、私自身あまり車に乗る機会がないため、ただ助手席に乗って、たまに話を振る程度でした。だんだん相手の口数が少なくなり、顔にも疲れが見えていたのですが、私はいったい何をすればよかったのでしょうか……。ドライブデートで運転席の男性がされるとうれしい気づかいを教えてください。

男性はデートで「自分の特技」を披露したがる

ご質問誠に有難う御座います。

昔、私の友人のYくんが初めてのデートでゲームセンターに行っておりました。

ゲームセンターデートというと、プリクラやUFOキャッチャーのような2人で楽しめるゲームを想像されるかもしれませんが、彼が選んだのは音ゲー。

それでも女性と対戦などをしていればまだよかったのですが、その女性は音ゲーをやったことがなくただうしろで見ているだけ。彼女はさぞや退屈だったことでしょう。

こんなデートがうまくいくはずもありません。当然のことながら2回目のデートはありませんでした。

さて、それではいったいなぜYくんはデートでゲームセンターを選んだのでしょうか?

その答えは、私と彼でデートの反省会をしていたときの、彼のひと言に集約されます。

「俺、あの音ゲーが得意だから。かっこいいところを見せられると思って」

“ドライブだけ”のデートは修羅の道

たとえば山奥の旅館デートを計画していて、その旅館に行く過程としてドライブデートを楽しむのはいいでしょう。

この場合、ドライブはあくまでも「手段」に過ぎません。旅館デートをするために必要な経費のようなものですが、その経費でいかに楽しむかの工夫をするのはとてもいいことだと思います。

しかし、特にはっきりとした目的地がないドライブデートの場合、これは先ほどのゲームセンターデートと何も変わりません。

ドライブデートをしたい男性の意見を聞くと、「かっこいい運転姿を見せたい」というようなものが多いのですが、それは「音ゲーでかっこいいところを見せたい」と言っているYくんと何も変わらないのです。

世の中には「車に乗るのが好き」という方もいらっしゃるとは思いますが、それはあくまでも「気軽に好き勝手できる状態であれば」という条件がついている場合に限るでしょう。

今回のご質問者さまもおそらく車内で感じていたことと思いますが、助手席にいると運転手に何かと気を使わなくてはなりませんので、楽しいどころかただただ疲れてしまうのです。

飲み物を用意したり、適度に会話を盛り上げたり、さらには「運転してくれてありがとう!」とか「運転する男の人ってかっこいいよね」的な接待まで要求されている気持ちになってしまいかねません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ