無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの高級メニューがおうちで食べられる!?超コスパ!鶏肉の北京ダック風

レシピ

鶏肉は皮をパリッと焼き上げる

鶏肉は、皮がカリッとするように、皮目からフライパンに入れて弱火で焼きます。焼きはじめは、皮の全体が焼けるようにフライ返しで押し、弱めの火加減で、皮がパリッとするまでじっくり焼いていきます。

ふたをするとカリッとしにくいので、ふたはせずに焼いてください。また、全体に均一に火が通るように、焼く前に、鶏肉は観音開きにして厚みを均一にしてから焼くのも大事なポイントです。

焼きあがったら、すぐに切らずに粗熱をとってから切り分けます。熱いうちに切ると肉汁がながれてしまうので注意してくださいね。また、皮がパリッとしているので、切るときは、皮を下にしてまな板にのせて切ると切りやすいです。

包む皮は手作りすればもちもち。手軽に楽しむには、春巻きの皮で。

北京ダックを包む皮、薄餅(ポーピン)の代わりに、春巻きの皮を使えば手軽に楽しむことができます。

春巻きの皮は、4等分に切って使います。そのまま包んで食べられますが、ちょっと固いので、霧吹きなどで少ししめらせて、電子レンジで軽く加熱すると柔らかくなって食べやすくなります。(加熱したものは、くっつきやすいので注意)

週末など時間があるときは、手作りすれば本格的!小麦粉とお湯と塩で作れるので材料はとてもシンプル。しかも、手作りの皮は、もちもちと柔らかくておいしいですよ!

おうち北京ダックレシピ

材料(2人前)

鶏もも肉 1枚
塩 小さじ1/4
サラダ油 大さじ1/2
A)はちみつ 小さじ2
A)醤油  小さじ2
B)甜面醤 大さじ3
B)はちみつ 小さじ2
きゅうり 1本
長ネギ 15cm
春巻きの皮 2~3枚
香菜(パクチー)適量

作り方

① 鶏もも肉は、焼き縮みを防ぐために皮の方にフォークなどで数か所刺す。厚みのある部分に包丁を入れて観音開きにし、塩を振ってしばらくおく。

② フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、鶏肉の皮を下にして入れる。焼きはじめは、フライ返しで押して、皮の全体が焼けるようにし、弱めの火加減で、皮がパリッとするまでじっくり焼く。

③ 焼き色がついたら、出た油をキッチンペーパーなどでふき取り、裏面も焼く。火が通ったら返して、火を通し、Aを混ぜて加え、肉に絡めて取り出す。

④ 鶏肉の粗熱が取れたら、食べやすい大きさに切る。(あつあつのまま切ると肉汁が流れてしまうので、粗熱が取れたら切り分ける)

⑤ 長ねぎは、5cmの長さに切ってから外側の白い部分を千切りにし、水にさらしてから、水けをしっかりとる。きゅうりは千切りにする。Bを混ぜてたれを作り小皿に入れる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ