無料の会員登録をすると
お気に入りができます

写真映えするメイク方法!パーツ別メイク術

メイク

写真を見ると、なぜかいつものっぺり顔や白塗りお化け……。そんなあなたは今すぐメイク方法を見直して写真写り美人を目指しましょう!写真映えするにはメイクの仕方が重要です。今回はパーツ別に写真映えするメイク方法をお伝えします!

写真映えするメイク方法とは?普段メイクとの違い!

NG:のっぺり不健康 OK:ヘルシーでキュート

友達のSNSにアップされた自分の写真を見て、写りの悪さにビックリ……なんていうことありませんか? 「フラッシュで顔が真っ白に浮いてる!」「ナチュラルメイクのつもりが、具合が悪そう」そんな失敗をしている人は、今すぐメイク方法を見直しましょう。今回は「ナチュラルなのに、小顔かつかわいい」メイクのコツを伝授します

NGメイクとOKメイクを比べてみて下さい。NGメイクは、なんだか不健康でおブスな雰囲気。それに比べOKメイクは、ヘルシーでキュートな魅力が伝わってきます。

では実際にどこがNGなのか、パーツ毎に見ていきましょう。

これはやっちゃダメ! 写真おブスNGメイク

写真おブスNGメイク

【肌】パウダーのマットな質感でのっぺり
顔全面に均一に塗ったパウダーファンデーションがフラッシュで白く光って、のっぺり大顔に見える原因に。また色白に見せたいからと、肌より白いファンデーションを選ぶと首との境目が目立って悲惨。

【眉】細眉で大顔が倍増
細く、眉山のない平坦な眉毛は、顔にメリハリが出ないので大顔に見えてしまう原因に。薄くふんわり描いた眉は、フラッシュの光で消えてしまいます。

【アイメイク】アイライン不足で目が小さく
今春トレンドの、色味をほんのり感じるパールを使ったアイメイクは、写真になると全部色が飛んでしまいます。アイラインも自分の目の大きさと同じ長さで入れると、目がキュッと小さく見える原因に。

【チーク】入れているのか分からないほど薄付き
チークは血色を良く見せるために欠かせないポイント。肌なじみの良いオレンジは誰にでも似合う万能カラーですが、薄いと色が飛んでしまって不健康な印象に。

【リップ】グロスは色が飛んで血色悪く
グロスだけでナチュラルに仕上げた唇は、色が出ない分チークと同様不健康な唇に。アイメイクには力を入れるけれど、唇はヌーディ派メイクさんの陥りがちな失敗です。

これで写真映えは完璧!OKメイク

写真写りは完璧!OKメイク

【肌】ツヤの出るリキッドファンデをチョイス!
ナチュラルに立体感を出すために、ファンデーションは2色使いが理想的。ただ2色揃えるのが難しければ、自然なツヤが出るリキッドファンデーション1色を、顔の中心は濃く、フェイスラインは薄くなるように塗りましょう。

【眉】気持ち太め&長めのメリハリ眉
眉にしっかりと主張があるとそこに目がいくので、顔の余白が気にならなくなります。眉の上端をしっかり描き、下に向けてぼかすと◎。パウダーとペンシルのW使いをすると、より立体感のある眉に仕上がりますよ。

【アイメイク】ラインで作るイマドキ立体感

閉じてもナチュラルなのに立体EYE

一時期流行ったブラウンを何色も使ったグラデーションは古っぽい感じになるので、写真映えを重視するなら、色ではなく線使いで魅せるのがポイント! 目を伏せた時も、自然でナチュラルです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ