無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コンシーラーが乾燥する・シワになる・汚くなるなどのお悩み解決!

コンシーラーは持っているけれど、乾燥する、シワに入る場合はどうしたらいいのなど、使い方がわかりづらかったりしますよね。そんなコンシーラーに関する皆さまの疑問を解消!コンシーラーを今までよりもっと上手く使う方法も紹介します。

執筆者:新見 千晶

メイク

そもそもコンシーラーとは?

コンシーラーの使い方……教えて!

『コンシーラー』とは、目の下のクマやくすみを消してくれる便利なコスメ。でも、種類がたくさんあって、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。また、コンシーラーを使ってメイクしてみても、乾燥したり、シワに入ったり、よれてしまったりと、上手くいかないという方も多いでしょう。「どんなコンシーラーを選べばいいの?」「自分の悩みに合った使い方って?」そんな皆さまのために、コンシーラーあるあるな疑問にお答えします!コンシーラーの選び方や、目からウロコな使い方まで、押さえておきたいポイントが沢山あるので、要チェックです!

【コンシーラー・目次】

お悩み1:コンシーラーの形状の選び方がわからない

あなたの持っているのはどのタイプ? 写真上:イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ 5000円 右:リサージ アイクリアコンシーラー 2800円 左:イプサ クリエイティブコンシーラー 3500円 ※すべて税抜き価格
まず、コンシーラーは大きく二つに分かれます。それは柔らかいタイプと固いタイプ。ペン先が筆やチップのものは、液状の柔らかいタイプ。スティックやパレットに入っているものは固いタイプです。

柔らかいものは、目の下のクマなどを消すのにぴったり。キレイに消すにはややオレンジ系やイエロー系のコンシーラーを選びましょう。

固いものは、シミやほくろなどを消すのに向いています。パレットタイプがおススメで、自分の肌に合わせて調合すると、キレイに消す事ができますよ。美肌を作りたい方は、柔らかいタイプと固いタイプ、両方持っていると便利だと思います。

■コンシーラーの形状・タイプの選び方
コンシーラーのタイプ
 
使う場所

液状で柔らかい
筆・チップ
目の下のクマ

固い
スティック・パレット
ほくろ・シミ

お悩み2:コンシーラーを使うと目の周りが乾燥してしまう

乾燥に負けない! コンシーラーの使い方とは? 写真左:イーブン ベター コンシーラー  右:イーブン ベター アイ 、いずれもクリニーク
コンシーラーを塗ると、目の周りがかさつく、乾燥してしまう、という声を良く聞きます。冬場など、特に乾燥が気になりますよね。

そんな時は、スキンケアの最後に、アイクリームを目の周りに塗り、なじませてから、コンシーラーをのせてみて。目の周りのクマを目立ちにくくする効果のあるアイクリームも売られています。

また、コンシーラーを使っている最中に、蓋は開けっぱなし! なんて事してませんか? コンシーラーそのものが乾燥して、固くなってきてしまう場合があります。それを目の周りにつければシワっぽくなってしまいますよね! 毎日使用する際に、きちんと蓋を閉めるようにするのも、大切なポイントです。

■コンシーラーを塗ると乾燥する!を解決するポイント

お悩み3:コンシーラーを塗るタイミングがわからない

リキッドファンデーション、パウダリーファンデーションによって、実はコンシーラーを塗るベストなタイミングが違うんです!

■リキッドファンーションの場合
いつものスキンケア→下地→リキッドファンデ→コンシーラ→パウダー

■パウダリーファンデーションの場合
いつものスキンケア→下地→コンシーラ→パウダリーファンデーション

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ