無料の会員登録をすると
お気に入りができます

炭水化物大好きさんに送る、ダイエットテクニック!

美容

・低糖質のパンを選ぶ
ライ麦パンや全粒粉パンが苦手な人には低糖質のパンがおすすめです。通販サイトで扱っているところが多いですが、最近はコンビニのローソンでも買えるようになりました。

・食べごたえを重視
パンを焼いたり温めたり、野菜やお肉、卵などをたっぷり乗せて食べるなどして食べごたえを重視すると満腹感がアップしてパンの2枚(個)食いを防げます。野菜も食べられて一石二鳥です。

・バターやジャムを塗らない
パン大好きさんによく見られるのは、バターやジャムをつけて食べることです。それが摂取カロリーアップにつながっています。ヨーグルトやおかずだけで食べることに慣れていきましょう。

・おかずは定番化させない
パン大好きさんの他の共通項は、パンが主食になると、ソーセージ、ヨーグルト、卵など食べるものがいつも同じになることです。野菜不足と栄養の偏りを防ぐために色々な物を食べましょう。

麺大好きさんのダイエットテクニック5

麺大好きさんは、以下の点に気を配った食事をしてみましょう。

・麺の種類を選ぶ
同じ麺でも、実はカロリーに差があります。高い順に、フライ即席麺、パスタ、ビーフン、ノンフライ即席麺、中華麺、そば、そうめん、うどんです。食べる時の参考にしてくださいね。

・野菜とたんぱく質を必ず一緒に食べる
麺類は、ご飯やパンよりもさらに炭水化物中心の食事になりがちです。血糖値が急激に上がって太りやすくなるので、意識して再度メニューやトッピングに野菜とたんぱく質をセレクトしましょう。

・こんにゃく麺や糖質オフ麺を使う
最近は、こんにゃく麺や糖質オフ麺も登場しています。麺が代わっても味はそのまま。案外満足感は高いです。試してみる価値ありです。

・食べるなら昼食がおすすめ
食べたものが最も脂肪になりにくいのは、1日3回の食事の中で昼食です。反対に最も太るのはもちろん夜です。どうせ食べるなら、太らない時間帯に食べた方がお得ですよね。

・炭酸水や水、汁物でお腹を満たしてから食事を始める
食前にお腹を水分で満たしておくのは、食べ過ぎにとても効果があります。特に炭酸水はその効果が持続するのも長いのでおすすめです。代わりに水やお味噌汁やスープでもOKです。

ストレスなく続けられた人気の方法をご紹介しましたが、上記の中から自分により合った方法を見つけてぜひ続けてみてください。体重が落ちるだけではなく、栄養バランスが整うことで代謝も上がり痩せ体質に変化することを実感できるでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ