無料の会員登録をすると
お気に入りができます

作りたての白玉が、驚くほどモッチモチ!しかも自分でトッピングを選べる「カスタム白玉」が最高でした

グルメ

インスタグラムでも注目!老舗和菓子店が手掛ける甘味処/成城あんや

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介する「成城あんや」は、大正7年に創業した和洋菓子の老舗「成城風月堂」の姉妹店として2004年にオープン。成城学園前駅から徒歩1分の好立地にあります。

“老舗”のイメージとは一線を画すスタイリッシュな外観が特徴で、高級住宅街として知られる成城の街並みにも溶け込んでいます。

入ってすぐのショップスペースでは、看板商品でもある「かのこ餅」(1個151円)をはじめ、四季折々のさまざまな生菓子が販売されています。

「できるだけ新鮮な状態で食べていただきたい」との思いから、大量生産はせず、職人さんが一つ一つ手作りしているのだそう。

お店の奥には、作り立ての生菓子をその場で味わえる茶房が設けられています。落ち着いた雰囲気の空間は、ゆっくり会話を楽しみたい大人の女性たちにピッタリです。

トッピングをカスタマイズできる楽しさが人気!ウワサの白玉を堪能

同店のスイーツの中で特に人気なのが、「お好み白玉」(847円)。

もっちり、ぷるぷるの白玉に、和菓子でおなじみのさまざまな素材を絡めていただくメニューです。トッピングを自由に選べる楽しさが女性たちの心を掴み、インスタグラムでも話題になっています。

主役の白玉は、すべて注文を受けてから茹で始めるそう。また、茹で上げた直後に氷でしっかり締めるのもポイント。そうすることで、もちもちとしたコシのある食感と、つるんとした喉越しが楽しめるようになるのだとか!提供時にも中央には大きな氷が鎮座しています。

注目のトッピングは、「こしあん」「つぶしあん」「黄な粉」「抹茶蜜」「黒蜜」「白蜜」の6種類の中から好きな3種類を選ぶことができます。

いずれも厳選素材を使用したり、製法に工夫を凝らしたりと、和菓子屋ならではのこだわりが詰まっています。筆者は今回、「こしあん」「黄な粉」「抹茶蜜」の3種類を選んでみました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ