無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一人っ子男子」と相性のいい女子とは

恋愛・結婚

(3)自己表現が苦手

子どものころから、一人っ子男子のまわりにいるのは大人です。

彼らが自分のほしいものを察してくれたわけです。何も言わなくても。主張しないと、まわりの兄弟にとられるなんてこともありませんでした。

ゆえに自己表現をするのが苦手な傾向があります。まわりにアピールする経験に乏しいからです。大人しい印象を受けるかもしれません。

(4)女性慣れしてない

当たり前ですが、一人っ子男子には、姉も妹もいません。

それは子どものころから女性と話す機会が少なかった、ということです。経験不足というわけです。

それが、いざというときの「あれっ」と女性に思わせる言動や、いまいち奥手なアプローチにつながります。

父子家庭の場合、母親との会話もないので、さらにその傾向は強まります。

逆にいえば、姉や妹のいる男性の方が、さくさく女性と会話できるわけです。子どものころから女心のツボや地雷を心得ているからですね。

同じようなパターンで、一人っ子男子でも、母子家庭で母親と仲良しの場合などは、異常に女心を知りぬいていることもありえます。

(5)女性への理想が高い

これも女兄弟がいないからこそ。

ある意味、一人っ子男子は、女性に幻想を抱いたまま成長します。あえて極端にいえば「女の人は花のような存在なんだ」「女の人の部屋は汚れひとつないに違いない!」という感じです。

一人っ子男子にとって、どこか女性はリアリティがありません。ゆえに想像だけふくらみます。それが理想の高さにつながるのです。

一人っ子男子の恋愛傾向

(1)草食系が多い

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ