無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大阪・梅田の真ん中に、「スターバックスの森」が誕生

グルメ

森のような木をふんだんに使った空間。『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』がオープン

『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』は、大阪・梅田に開業する地域最大級の複合商業施設「LINKS UMEDA」のアネックス棟の独立2階建ての店舗です。

店舗のデザインコンセプトは「SHINRIN-YOKU TREE」。大阪の高層ビル群に囲まれた中で、スターバックスが生み出す“スターバックスの森”は、まるで森林浴をしているように木々に包まれながら、コーヒーの香り漂う空間で心からリラックスできるような場になっています。

持続可能な未来につながるメッセージを込めた店舗デザイン

大阪産のクリの木やおおさか河内材の杉を使用した家具

2階の入口から店内に入ると、一面に木が使われた空間が目に入り、家具、カウンターなど地元大阪産の木材が使用されています。特に店内の家具は、大阪産のクリの木やおおさか河内材の杉を材料に職人の手仕事で作られたテーブルや椅子を設置。

ゴミや漂流物を使ったオリジナルアート

2階と3階を繋ぐ階段では、淀川の河川敷で活動を開始し、国内外の様々な場所でゴミや漂流物などを使い、作品の制作をしているアーティスト・淀川テクニックにより手掛けられた、世界に1つだけのオリジナルのアートも楽しめます。

このアートは、家具の製造や木材加工で出てくる端材や淀川に漂流する枝や廃棄物などを素材として活用。また、大阪府河内長野市の河内長野市立林業総合センター木根館の協力のもと、梅田地区のバリスタと大阪府内の子どもたちと一緒に木材の端材や枝、木の実などを材料に自由に工作した作品がアートのピースとして使われています。

3階には森の中にいるような空間を演出し、おおさか河内材の柱を立て、天井の照明は木漏れ日が差すようなやわらかい光の様子に工夫し、さらに丸太を輪切りにして年輪が数えられるテーブルが設置されています。

『LINKS UMEDA 2階店』では、大阪府内産木材の地域材にフォーカスし、コーヒーを片手に自然の大切さとそれが永続的に続くことへの想いを、考えていくきっかけとなる場です。せひ、木のぬくもりを感じるリラックスした空間でコーヒー楽しんでみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ