無料の会員登録をすると
お気に入りができます

超待ってたよ~「スヌーピーミュージアム」がリニューアルオープン!めっちゃ癒される♪

旅行・おでかけ

かわいいが詰まりすぎ♡リニューアルした新名所/スヌーピーミュージアム

2016年4月に六本木に開館した「スヌーピーミュージアム」は、「シュルツ美術館」世界初のサテライトとして、2年半で130万人を超える来場者数を記録。2018年9月に閉館したものの、多くのファンの声を受けて2019年12月14日に再OPENすることになりました。

復活の場所は、2019年11月13日に開業した町田の新しいエンタメスポット「南町田グランベリーパーク」内。南町田グランベリーパーク駅から徒歩4分の場所にあります。

入館し受付を済ませたら、エレベーターで3階に上がり、順路に沿ってまわります。最初の展示はプロジェクションマッピングを楽しめる「オープニング・シアター」。

マルチスクリーンを駆使した部屋がお出迎え。楽しげな音楽とともに、スヌーピーやピーナッツ・ギャングが飛んだり跳ねたりする新作のオリジナルアニメーションが上映されます。

常設展示「スヌーピーとピーナッツ・ギャング」へ

続いて作者チャールズ・シュルツの生涯を振り返る「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」で、キャラクターを描く貴重な映像などを堪能し、いよいよ「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」へのゾーンへ。

「ピーナッツ・ギャング」とは、チャールズ・シュルツが描いたコミックス『ピーナッツ』に登場する個性豊かなキャラクターのこと。壁いっぱいに描かれた初期のピーナッツ・ギャング、多数の複製原画が展示されていて、一気に『ピーナッツ』の世界に引き込まれます♪

スヌーピーの飼い主であるチャーリー・ブラウンをはじめ、ガミガミ屋のルーシー、その弟で心やさしいライナス、天才音楽少年シュローダー、何から何まで正反対なのに大の仲良しのマーシーとペパーミント パティなど、主要キャラクターを紹介。

各コーナーでは、それぞれのキャラクターの性格がわかるエピソードをピックアップ。ユーモアあふれるストーリーは、じっくり読んで楽しんで。

複製原画に加え、スヌーピー小屋の木製オルゴールやプラスチック製の人形など、コレクターから集めた貴重なヴィンテージグッズも展示されています。

晴れていたら、2階に降りる前に「スヌーピー・テラス」に立ち寄ってみて。愛らしいスヌーピーのオブジェやイラストがあるフォトスポットになっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ