無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“奇跡のお弁当”で話題の山本千織さんが作る。こめ油を使った簡単おせち弁当

レシピ

“chioben” は、クセが無くコクが出る「こめ油」が必須!

イベントでは、山本千織さんの代表的なレシピである「たこめし」はこめ油が無いとできないというお話や、こめ油をお弁当のおかずとして使う際のポイントについて紹介。

山本千織さんは、「たくさんの油を試してきた結果、ある時クセが無くてコクが出るこめ油に出会い、それ以降も欠かせない調味料です」と話されました。 “chioben” の味わいはこめ油のコクがポイントとなっているそうです。

こめ油は、和え物にもぴったり

こめ油は酸化しづらいから時間が経ってもイヤな匂いが発生しにくく、お弁当に最適ということを示すデータを築野食品工業が発表。

今回、山本さんが開発したレシピは “蕪と柿の山椒香味油和え” と “ほうれん草の白和え” の2品。油というと揚げものや焼き物に使用するイメージが一般的ですが、こめ油は和え物にもぴったりとのこと。

お弁当に入れる時のポイントとしては、「食材を和える際は、しっかりと水気を切ること。水気を切ることで油が馴染み、食材本来の味を引き立て、まろやかな風味と歯ごたえが楽しめます。」

プラスするだけで味が決まる「山椒香味油」

また、「山椒香味油には驚きました!これにお塩を和えるだけで味がきまります。テーブルオイルとしてもおすすめで、汁物やお野菜とチーズと合わせるなど、毎日のお料理にプラスするだけで香りとコクを楽しんでいます。」と普段使いについても教えていただきました。

アイディア満載!「chioben こめ油を使った簡単おせち弁当」オリジナルレシピ

蕪と柿の山椒香味油和え

【材料】(2,3人分)
蕪……1個
柿(硬め)……1個
塩……小さじ1/4

山椒香味油……小さじ1
藻塩……少々

【作り方】
①蕪は3ミリ厚の放射線状にスライスして塩をして10分から15分放置し、水気を出す。
②柿は硬めのものを選び蕪と同じくらいの大きさにカット。
③1の水気をペーパーやタオルなどでしっかりふきとる。
④2と3をボールに入れ山椒香味油と藻塩で和える。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ