無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本気で痩せたいあなたに! 運動・食事などおすすめのダイエット法、体験談まとめ

美容

体重が気になる女性が実際に2ヶ月間ダイエットにチャレンジした結果は!? 太らないための食事の食べ方やダイエット体験談など、本気で痩せたい人へのおすすめをまとめました。

\ 15kg痩せたプロも! /ダイエット成功者の体験談はこちら

[目次]

自身の-20kgのダイエット経験をもとに、パーソナル指導もするダイエットコーチに。著書多数。最近は産後ダイエットで-18kgを達成したそう。

A ダイエット=努力じゃなく準備と視野の広さが大切です

ダイエットを『努力と根性』と思っている人は多いと思いますが、その考えだと一生“太る⇔やせる”を繰り返します。だって、『頑張らないとやせない』ならば、常に非日常的な生活をしなければならないから。そうではなくダイエットは『準備と視野の広さ』が大切。『準備』とは、バランスの良い食べものを買っておくとか、食べ過ぎた日は翌日調整するなど、“対処法”を用意しておくこと。また『視野の広さ』とは、「これが出来なかったからもう終わり……」と思い詰めず、「せっかく甘いものを食べるなら、おいしく食べて、明日はお菓子を控えよう」と切り替える、寝る前の筋トレが辛いなら帰宅後すぐ勢いでやってしまうなど、柔軟な“アイディア”を持つこと。その繰り返しにより、自然と日常が“やせる”モードに。そうなれば、こっちのもの!

A ビタミンBや水分不足かも

「甘いものが好きな人は、実はビタミンBが不足しているのかも。糖分摂取が多い→血糖値の上下が激しくてイライラ→余計に甘いものを欲する......という負の循環に陥りがちなので、まずはビタミンBが豊富な魚、レバー、青菜などを摂ってみて。ビタミンBが血糖値をコントロールし、甘いものを自然と欲しなくなります。また、水を飲む習慣がない人の場合、知らないうちに、ゼリーやアイスクリームなどといった甘いものから水分を摂ろうとすることも。一日1リットルは水を飲みましょう」

A 予防線を張っておこう

「ドカ食いする人は、その行為がイライラを即座に解消できる手段になっているんです。食べ物以外でストレス解消になる行動はないか自己分析を。好きなアーティストの音楽を聴く、SNSを見るなど、食べる前に何段階かの“ストレス予防線”を張って。たとえそれでも結果的にドカ食いしたとしても、頻度は減るはず」

例:好きな音楽を聴く、プチプラコスメをご褒美に、SNSを見るなど無になる時間をつくる、友達に連絡してみるetc...

A 大切なのは食。3つのカードを揃えましょう

「太るのは『摂取カロリー>消費カロリー』だから。つまり、何をやっても太るなら、それは食のバランスが悪いんです。まず、下の食材カードを把握。1食を俯瞰で見たとき、この3つの食材カードが揃うのが理想です。揃わなかったら、次の食事のときに意識してそのカードを取り入れて。3つのカードが揃った食事を心がけるだけで、やせやすさが変わってくるはず」

これは要注意!

◆加工肉≠タンパク質
ハムやソーセージはタンパク質だと勘違いされがちですが、脂が多いのでダイエット時は脂質に分類。

◆口に入れて甘みがあれば、それは糖質
果物、イモ類、豆類など噛んで甘みを感じる食材は、ダイエット時は糖質だと意識するようにして!

A それなら時間変更!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ