無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目元のくまさんにさようなら!くまケアで美しい目元をキープしよう

ビューティ

目元にくまがあると、お疲れ顔や老け顔に見えてしまいます。くまと一口にいっても、青くま、茶くま、黒くまとタイプがあり原因が異なります。
自分のくまのタイプを知り、どんなケアをしたらよいか知っておきましょう。

くまには種類があるって知ってた?

godmake.me

疲れた印象や老けた印象を与えるくま。「一晩ぐっすり寝れば消えるはず」と、くまケアを怠っていませんか?

くまは種類があり、正しくケアしないといつまでも目元に居座ってしまいます。まず、くまのタイプと原因を知っておきましょう。

・青くま…目のまわりにある毛細血管の血液の流れが滞ると、うっ血して青く見える。眼精疲労・睡眠不足・冷え・ストレスなどが原因。目元が乾燥して目立つことも
・茶くま…シミの原因「メラニン」が沈着した状態。紫外線対策の不足・目元をこすったダメージ・乾燥による角質の蓄積などが原因
・黒くま…目元のむくみ、加齢にともなうたるみによって、目元に影ができて黒く見える。たるみの場合、セルフケアでは予防や悪化をおさえるのが限度

自分のくまがどのタイプかは、くまの色で見分けることが可能です。わかりにくいときは鏡の前で目元をやさしく引っ張ったり、上を向いたりしてくまの見え方の変化をチェックしましょう。

・目元の皮膚を引っ張ったとき、くまが薄くなる⇒青くま
・上を向いたときに薄くなる⇒黒くま
・目元にたるみやむくみがある⇒黒くま
・皮膚を引っ張っても、上を向いてもくまの濃さが変わらない⇒茶くま

複数のくまが同時にできている可能性もあるので、見分ける方法はあくまで目安にしてください。

くまケアの基本は保湿と紫外線対策

godmake.me

目元は顔の中でも特に皮膚が薄いパーツ。さらに、まばたきで常に動いているので、皮膚に負荷がかかっています。そのため、乾燥しやすく、紫外線ダメージに弱くなります。

乾燥と紫外線ダメージはすべてのくまの原因になるので、いずれの場合も「保湿」と「紫外線対策」を徹底しましょう。

保湿には普段使いの顔用クリームを使ってもかまいませんが、本格的なケアにはアイクリームや目元美容液が有用です。

外出時の紫外線対策は、UVクリームなどを塗るだけでなく、UVカット効果があるサングラスを併用するのがおすすめです。

くまケアにはアイクリームが効果的

godmake.me

目元は目の粘膜に近くデリケートなので、低刺激なクリームでしっかり保湿したいもの。アイクリームや目元美容液なら、デリケートな目元に合わせた成分設計である場合が多くなります。

しっかりくまをケアしたいなら、アイクリームや目元美容液を取り入れてみましょう。くまのタイプごとにおすすめの美容成分を紹介するので、商品選びの参考にしてください。

・青くま…血液の流れを促す成分を。ビタミンE、ビタミンK、ビタミンP、高麗人参エキスなど
・茶くま…色素沈着を防げる成分で、低刺激なものを。プラセンタ、4MSK、コウジ酸など
・黒くま…目元のコラーゲン合成を促し、ハリを与える成分を。レチノール、ビタミンC、ナイアシンなど

目元専用アイテムは、複数のくまに対応できる成分設計の商品もあります。自分のくまに合うアイクリームを見つけてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ