無料の会員登録をすると
お気に入りができます

都内で“マスクを買うための行列”が話題に メーカーは「通常の10倍の注文が来た」

「マスクを買うための行列が出来ている」との投稿がされる中、最新のマスク事情とは…

ライフスタイル

(bee32/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

中国で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、国内でも29日までに8人の感染者が報告されている。中国からの旅行者も多い春節(連休)期間中ということもあってか、街ゆく人にはマスク姿が目立つ状況だ。

またSNS上では、「ドラッグストアにマスクを買うための行列ができている」との投稿も。マスクの現状は、どうなっているのだろうか。しらべぇ取材班は、ドラックストアとメーカーから、詳しく話を聞いた。

■「数が不足しており購入制限」

全国で「ツルハドラッグ」「クスリのツルハ」を中心に展開するドラッグストア大手のツルハ広報担当によると、「マスクが欠品になっている店舗もあり、購入できる個数制限を実施中」と話す。

「観光地を中心に、マスクを買い占めているブローカーがいる」との情報を得たため、個数制限を実施したという。マスク30枚以上が入っている箱入りは、1日あたり、1家族3個まで。袋入りのマスクは、一日あたり1家族5袋までに制限。

先週は、中国人の来店者が多かったが、ここ数日は日本人も多めに買い込んだことで、欠品が出てしまっているとのこと。「どこのドラックストアでも同じ状況だと思う」と話す。現在、バイヤーがマスク確保に奔走しているそう。

関連記事:警視庁考案 「メガネが曇らないマスクの付け方」が最強すぎる

警視庁考案 「メガネが曇らないマスクの付け方」が最強すぎる

■高額な値段設定の業者も…

Amazonでは、通常の5~6倍の価格で出品している業者も見受けられ、どのマスクも通常時より、高額な値段設定となっている。メルカリでは、100円ショップのマスクが「3個1,000円」という驚くべき価格で転売され、批判を集めた。

100円ショップのマスクが「3個1,000円」

一方で、メーカー側の状況は、どうなっているのか。『超快適』などのブランドでマスクを販売するユニ・チャーム本社を取材した。

■24時間フル体制で生産中

広報担当によると、1月16日と17日は、卸売りの店舗から、通常と比較して、1日に付き、約10倍の注文が入ったという。20日の週からも、通常時と比べて約2~3倍の注文が続いている。

そのため、日本工場は、24時間フル体制での生産を実施。「それでも大変ご迷惑をお掛けして申し訳ないが、注文に対して生産に遅れが出ている状況」と話す。

■「とにかく落ち着いた行動を」

需要が生産を上回っている理由としては、「日本人が身近な予防法として多めに購入」「春節で日本から帰省する中国人がお土産として購入」「中国人観光客が本土では手に入りにくいため購入」などが考えられるという。

メーカーは、「とにかく買い漁ったりせずに落ち着いて行動してほしい」「24時間フル体制で生産を続けて、最大限の努力をしていく」と話す。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ