無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ヘアカタログ]前髪ありのおすすめヘアスタイル・ヘアアレンジまとめ | ロング・ミディアム・ボブ・ショート 髪型別

ヘアスタイル

抜け感のあるシースルーバングや、小顔効果バツグンのサイドバングなど、前髪ありのおすすめヘアスタイルは? ロング、ミディアム、ボブ、ショートの髪型別にまとめました。

[目次]

王道可愛い内巻きロングに、ほおにかかる毛束を作っておしゃれ指数を底上げ。顔がキュッと小さく見える上にニュアンシーな魅力が加わって、こなれ感が急上昇! 顔型カバーはもちろん、レングスキープで気分転換したい人にもおすすめです。アイロンで巻く時はボリュームを出しすぎず、スッとしたIラインに仕上げるのが今ドキ。ウェットすぎない質感で、ふわツヤなスタイルを楽しんで!

ベースは鎖骨下レングスのセミロング。どこで分けても左右対称になるようにカットし、バックスタイルはキレイなU字ラインにデザインします。前髪は目尻から柔らかくラウンドさせ、ほおが軽く隠れる長さで後れ毛をメイク。個性的になりすぎないよう、後れ毛部分は約1cm幅にすることがポイントです。カラーは10トーンのラベンダーベージュをワンメイク。ほんのり混ぜた青紫色の効果で髪のツヤ感がUP! 寒色系に寄りすぎない色みは、どんな肌色とも相性バッチリです。

最初に前髪とトップの分け目部分からドライ開始。頭皮を指で軽くこするように乾かしたら、全体も根元中心にドライして。毛先まで乾いたら、仕上げに冷風を当てるとよりツヤ感が引き出せます。次に32mmアイロンを使い、全体をリバース&フォワードのミックス巻きにして。フェイスラインの髪は内巻きにして、顔を包むような毛流れに。毛束を目の高さまで持ち上げて180℃くらいの高温でサッと巻くと、軽やかさが引き立ちます。ボリュームUPさせたい人は軽めのスプレーワックスやファイバーワックス、抑えたい人はシアバターやオイルワックスを選び、髪の内側からなじませてできあがり。髪が広がりやすい人はハチまわりにもスタイリング剤をつけると、より収まりやすくなります。

仕事にプライベートに大忙しの人におすすめしたい、リラクシーなウェーブスタイル。ゆるんとした質感のパーマとラベンターカラーのマッチングで、髪にまどろむような柔らかさをオン。さらに前髪をシースルーに仕上げて、抜け感を与えています。顔まわりだけをウェットにするスタイリングなら、まとまりも今っぽさも上々! 気負いのないおしゃれヘアで、余裕たっぷりの表情に。

ベースは胸レングスの前上がりロング。顔まわりの内側を少し短めにカットして、スタイルに動きをプラス。前髪は目に被る長さに設定し、ごく軽めのシースルーバングに仕上げます。パーマは32㎜ロッドを使い、平巻きにして低温デジタルパーマをオン。カラーは9トーンのベージュをメインに使い、アクセントに7トーンのラベンダーを使用。黄みを打ち消すラベンダーの効果で、髪の透明感と柔らかさがUP! ちょっぴり特別な存在感を放つ、旬スタイルに昇格します。

根元中心に温風を当ててラフドライ。スタイリング剤はミルクタイプのアイテムを選び、顔まわり中心になじませて。全体はドライな質感をキープして、あえてムラのある仕上がりに。このキメすぎない質感がリラックスムードを高めます。最後に手に残ったスタイリング剤を軽く前髪になじませ、束感を与えてできあがり。シーンに合わせて印象を変えるなら、前髪をセンターで分けて顔まわりを耳かけに。すると、ガラリと違うクールスタイルがお目見え♡ 顔まわりの後れ毛を生かして三つ編みやポニーテールなどのアレンジにしても、可愛い小顔が楽しめます。

少し冒険したハイトーンカラーが決め手のこのヘア。透け感たっぷりのベージュにほんのりオレンジを加えたカラーで、プラチナのような上質な輝きを体験して。セミウェットな質感で仕上げたら、より艶やかでオトナな雰囲気に。肌色までワントーン明るく見える、最強の透明感スタイルです。

ベースはレングスを胸上に設定した前上がりのロングスタイル。全体の重さをキープしつつ、表面に軽くレイヤーを入れて動きをプラス。前髪は眉上でカットします。今回はアイロンで巻くスタイルですが、髪質やコンディションに合わせてパーマをかけてもOKなので、まずはサロンで相談を。カラーはベージュ系に淡めのオレンジをミックスした16トーンのペールベージュ。オレンジの効果でハイトーンでも色がくすまず、透明感に満ちた仕上がりが楽しめます。

根元中心に温風を当てて乾かします。その後32㎜アイロンを使い、ランダムに内巻きと外巻きをミックスしてパーマ風の動きをメイク。仕上げに表面の髪を薄く取って縦巻きにすると、ふんわりウェービーな仕上がりが楽しめます。コツは熱が冷めないうちに手ぐしを通して、カールをよくほぐすこと。これで質感が硬くならず、よりナチュラルに仕上がります。スタイリング剤はオイルかヘアミルクをセレクト。手によくのばしたら内側→全体の順番でなじませ、セミウェットな質感をメイク。スタイリング剤はまず少量を使い、徐々に量を増やすことがポイントです。ハットやスカーフと合わせてもおしゃれ。ラフに束ねて、ゆるっとしたポニーテールにしても可愛いですよ。

思い切りのいいウェット質感が新鮮な、女度高めのセミロングスタイル。レイヤーでフリンジのような束感を出し、目上ギリギリの前髪でクールな表情に。毛先はアイロンで巻いて動きを出しますが、前髪はあえて巻かずに甘さをオフ。サイドを耳にかけたタイトなスタイリングで、おしゃれな色気を香らせて。広がりやすい髪をボリュームダウンしたい人はもちろん、お疲れ気味の髪を艶っぽく見せたい人にもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ