無料の会員登録をすると
お気に入りができます

田中みな実、バレンタインの衝撃秘話を告白「業務用オーブンをレンタル」

エンタメ

13日、フリーアナウンサーの田中みな実が都内で開催された「ニベア デオドラント アプローチ パールトーン新商品」のPR発表会に登場。

田中みな実

TBSアナウンサー時代のバレンタインの思い出について、「300、400個のチョコレートを手作りし、涙が出てきたこともあった」と明かした。

■「ぜーんぶ本命」

今後放送を予定している同商品のCMに起用されている田中。バレンタインデーの思い出について聞かれ、「明日は渡す予定があります。たぶん80個くらい。番組出演と取材、その後通っているジムに行くので、それぞれでお渡しすると思いますね」と明かした。

司会者に「あぁ、義理チョコですね」と返されると、「いいえ、ぜーんぶ本命です。全部に心が入っています!」と笑顔でコメントした。

関連記事:花畑牧場の田中義剛 ラクレットチーズ90%シェア、年商10億円の荒稼ぎに衝撃

花畑牧場の田中義剛 ラクレットチーズ90%シェア、年商10億円の荒稼ぎに衝撃

■業務用オーブンをレンタル

局アナ時代は、毎年手作りしていたことを明かし、「業務用オーブンをレンタル」(田中)して、数百個のクッキーやトリュフを仕上げていたという。

「寝ずにやっていたので、両親にすごく心配されました。『泣きながらやるくらいだったら今年で辞めて!』と言われるくらい。がんばっていましたね」と当時を回顧する。

そんな想像の遥か上をいく真心を持つ田中だが、手作りに精を出していたのには、「現場でよく私の誕生日をお祝いしてもらっていました。でもスタッフさんたちの誕生日はわからない。だったらバレンタインでその恩返しがしたいなと」という理由から。

続けて「いつか一人の(男性の)ためだけにと、そうなればいいですね(笑)」と少し寂しげな表情も見せていた。

■「二次会の参加者みたい」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ