無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌でなりたいイメージに近づける!コントロールカラーのススメ

メイク

ベースメイクの「魔法のひと手間」とは?

godmake.me

アイラインを長く引いて、切れ長でクールな目元にする。チークを内側に丸く入れて、可愛らしい印象に仕上げる。

このように、メイクでなりたいイメージに近づけることは可能で、今はもうありとあらゆるメイクテクニックが世の中に存在しますので、もはやどんな自分にもなれる時代です。

でも、いきなりアイラインの引き方を変えたり、チークの入れ方を変えるとガラリと印象が変わりますし、普段し慣れないテクニックを取り入れるとバランスを取ることが難しく感じてしまいます。

簡単になりたいイメージに近づけたい!「なんかいつもと違う?」って言われたい!そんな方にオススメしたいのが、コントロールカラーです。

その正しい使い方、肌悩みやなりたいイメージ別にオススメしたいカラーをご紹介します!

コントロールカラーってなに?

godmake.me

コントロールカラーはファンデーションの前に塗ります。肌色のニュアンスをコントロールして、肌色補正をしてくれるもの。それぞれの肌色に合わせて色を選べば、それだけで肌が美しく見えるので、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。

下地の後に塗るタイプもありますし、今は下地と一緒になったタイプもあります。このタイプは、厚塗り感を出したくない、時短で仕上げたいという方にオススメです。

永久保存版!コントロールカラーの選び方

godmake.me

~肌悩み別で選ぶなら?~

青白く血色が悪いなら「ピンク」

ピンクは血色感を与え、肌を生き生きとしてみせる効果があります。肌の色が白く、顔色が悪く見えてしまう方はピンクを選びましょう。

ただし、頬に赤みがある方は、赤み部分を強調させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

肌色補正をするなら「オレンジ」

肌が疲れてみえる方、くすみ感が気になる方はオレンジがオススメです。

イエローベースさんは、オレンジを使うとより黄ぐすんでしまうのではないか?と思うかもしれませんが、明るめで透け感のあるコントロールカラーを選べば、むしろ明るく健康的な肌へと導いてくれます!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ