無料の会員登録をすると
お気に入りができます

つらい生理前のカラダの不調どうする?ママたちができることとは

ライフスタイル

月経前症候群(PMS)の可能性を探ってみる

『それってPMSじゃないかなぁ?』

あるママから「月経前症候群(PMS)」ではないかという指摘がありました。公益社団法人日本産科婦人科学会によると、月経前症候群(PMS)とは

公益社団法人日本産科婦人科学会
『月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます』

とあります。ひとつの疾患なのですね。原因はまだ解明されていませんが、女性ホルモンの分泌が関わっているとされています。ママたちから寄せられた生理前の不調の多くは、PMSという可能性もありそうです。生理前の不調が医学的な疾患だとわかると、不調からくるイライラで自分を責めていたママにとっては少し安心できるかもしれません。そして家族にも疾患であることを伝えて、家族に協力を仰ぐことできたら、少しはママもラクになるのではないでしょうか。

(引用・参考:月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)|公益社団法人 日本産科婦人科学会)

一人で悩まずに、お医者さんに相談しよう

もし生理前の不調がひどいようであれば、一人で抱え込まずにお医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

『PMSで困っていると婦人科で相談したところ、保険適用内でしてくれています』
『漢方で緩和される人もいれば、ピルで緩和される人もいるよね……。私はどれも効かず、精神科に行って今攻うつ剤と安定剤毎日飲んでいます』

ママスタBBSにコメントしてくれたママのなかには、すでに生理前の不調でお医者さんにかかり、漢方薬やピルなどを飲んで、不調の緩和を試みている方もいました。寄せられたママの声を見てみると、不調の症状が人ぞれぞれであるのと同様、治療法もそれぞれのようです。

生理前の不調がひどく悩んでいるママは「ピルが良いのでは?」「漢方薬がよいのでは?」と憶測で自分で薬を飲んだりするのではなく、専門家であるお医者さんに相談したほうがよさそうです。お医者さんに診断してもらうことが、薬を飲むなど自分にあった治療法を見つける近道になりそうですね。

文・安藤永遠 編集・しのむ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ