無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ビジネスQ&A]「返信不要」には返信したほうがいいの?

ライフスタイル

メールや手紙などの文章で「返信不要」という言葉を目にすることがあります。

この「返信不要」という表現、時に気になるという人もいるようですが、ビジネスシーンで使ってもいいのでしょうか。

今回は、相手に「返信不要」という旨を送る場合、また相手からそれを受け取った場合の2パターンについて、好ましいマナーを考えていきましょう。

「返信不要」とは?

まずは、この言葉の意味を考えてみましょう。

「返信」とは、文字通り手紙やメールを送ることを指しますね。一方「不要」とは、こちらも文字通り、必要ないこと、いらないことの意です。

ですから、相手に返信がいらないことを伝える言葉の意味としては問題ないことが分かります。

では、なぜ、使っていいのか迷ったり、気になったりということが起こるのでしょうか。

相手に「返信不要」というのは失礼?

前述の通り、言葉の意味としては間違いというわけではありません。また、それを送ったとしても必ずしもそうしなければいけないという決まりがあるわけでもありませんから、間違い、マナー違反というものでもありません。

やや事務的できつい響きの「返信不要」

しかし、言葉の響きとしては、特に目上の方宛や改まった場面では、言い換えが好ましいという印象を受けます。

「切手不要」とか「〇〇在中」のような内容を表す表示ならばわかりますが、「返信不要」という表現は、事務的であったり言葉としてもややきつい感じを受けたりと、響きがやや強いのです。

目上の人にはより敬意をこめた表現を

また「返信」や「不要」という語にも敬意は含まれません。そのような点から、目上の人宛や、やや改まった場面では、言い換えるほうが言葉も柔らかく敬意も強まるといえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ