無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代独身女性が語る「婚活の真実」

恋愛・結婚

30代になると婚活が急に難しくなる、女性は30代になると男性から選ばれなくなる……そんな、誰が言い始めたのか分からない伝説を、多くの人から聞かされてきた。

あるときは30歳の独身女性から、あるときは20代後半独身男性から。これからの人生で一番若いのは今日、今、この瞬間。婚活を始めるなら一刻も早く、若さを武器にできるうちに……と。

しかし、本当にそうだろうか。

30代になると、女性はモテなくなる?

30歳になった瞬間に、昨日までとは変わって急にシワだらけになったり、皮膚がたるんだりしてくるというわけではない。なのに、29歳と30歳の間には大きな壁がある。

それは、もともとおおまかな区切りという意味で、ただ年齢で区分けをしたほうが分かりやすいという意味もある。

しかし、現代の婚活というシステムが、それを助長させている部分があると思われる。

30代の婚活が20代よりも不利な理由

すべての男性が、「顔や性格は二の次なので、とにかく30代よりも20代のほうがいい」ということを強く考えているとは思えない。

例えば、年齢を隠したパーティーなどであれば、華のない20代女性よりも、華のある30代女性のほうがモテているケースだってよく見かける。

実際には「見た目年齢」を重視する男性は結構多い。

「25歳と30歳では妊娠の確率が〇%も違う……」などと言っている男性だって、目の前に若く見える美しい30代女性が現れたら、「あの人は特別だ」とか「そもそも人によって妊娠の確率は違うから」とか言い出しかねない。

じゃあ、なぜ30代になると婚活で不利になるのだろう?

理由1:年齢でソートをかけられる

私自身、20代半ばで婚活をしていたときのことを思い出してみると、マッチングアプリやWEBの婚活サイトではおびただしい数の男性からのリクエストがあった。その中で、全員と会うことはできないので、とりあえず条件で絞らざるを得ない。

本当は、「年収が低くても、人間性が好きならばいい」とか「学歴が低くても地頭のいい人ならいい」と思っているのに、そういった本質的な部分ではソートをかけることができない。

よって、仕方なく「年収1500万円以上、身長178cm以上、学歴国立大卒以上……。あ、まだまだひとりひとり確認できる件数じゃないな。じゃあ年収3000万円以上くらいにしておくか」というような流れで厳しい条件になっていく。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ