無料の会員登録をすると
お気に入りができます

臨時休業がもたらしたママたちの気づき5選。園や学校が休みになってわかったこととは?

子育て

新型コロナウイルスの影響で、全国の小中学校や高校などの臨時休校が決まりましたね。幼稚園や保育園なども学校にならって休園が決まったという所もあるでしょう。園や学校が休業になったことで、ママさんたちには「分かったこと」があるようです。

『みんなが休園・休校で分かったことはなに?』

休園・休校でママさんたちが分かったこととは一体どんなことなのでしょうか? 特にコメントが多いものを5つピックアップしました。

1.給食がありがたい

『家は安全。給食はありがたい』
『夏休み、冬休み、春休み毎回思うけれども。今回の休校も含めて給食のありがたさ』
『給食と体育の有り難みが分かった』
『朝昼晩料理を作っていたら気がおかしくなりますよ。たまには休憩させてください』

まず寄せられたのは「給食がありがたい」という声。1日3食の献立を考えたり料理を作るのはなかなか大変ですよね。昼食1食分の負担が増えれば、それに伴い料理の時間や洗い物の時間も加算されます。また食事を作る手間だけではなく費用のことを考えると、例えば横浜市の学校給食費は月額4,600円。ご家庭で用意するお昼ご飯よりも安い場合もあるのではないでしょうか。さらには栄養バランスも考えられている給食のありがたみを実感する気持ちも十分に分かります。

参考:横浜市ホームページ「横浜市の学校給食費の改定について」

2.もっとのんびり生きてもいいのかも

『子どもたちも私も時間に縛られていたんだなって実感したよ。朝は学校に遅刻しないように、夜は宿題や塾、寝る時間が遅くならないようにって叱ってばかりだった。
今は、朝の7時に起きて8時から50分の自主勉、10分休憩をお昼まで。お昼ご飯食べたあとは自由時間でそれぞれゲームしたりスマホしたり。夜は遅くても10時には寝るようにしている。兄弟喧嘩もしなくなったし、思っていた以上に学校はストレスだったのかなって思っている』
『朝寝坊したりお散歩したり、一緒に勉強したり、雨の日は一日中子どもとごろごろしたり……。時間に縛られた部分で急ぎなさい!! とかで怒ることが減った。もっとのんびり生きて良いんだなと知ったよ』
『ゆとりを持って生活できている。時間に追われる生活でストレスがすごかったなと感じる』

「今まで時間に縛られていたことが分かった」というコメントもありました。時間がないと慌てて苛立ったりしてしまいますよね。「遅刻しちゃうから早くして!」「もう寝ないと明日起きれないよ!」など子どもの行動にイラついて怒ってしまうママさんもいるはず。しかし時間に余裕があれば、寝坊をしても寝坊自体を楽しむことができるし、余裕をもって行動することで苛立ちも減るのではないでしょうか。今回の休校は普段いかに人間が時間に縛られているのかが分かる機会なのかもしれません。

3.子どもと同じペースで食べていたら太る!

『私は一人だといつもお昼適当につまんで終わりなんだけど、長期休みのときは子どもにお昼をきちんと作るから一緒に食べていると体重が増える』
『何故か私が太り出したこと。子どもたちと朝からおやつを食べているからかな』
『子どもと3食一緒にしっかり食べていたら太る』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ