無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初の書店一体型!工芸が “読める”「中川政七商店×蔦屋書店」が奈良にオープン!

旅行・おでかけ

工芸が“読める” 初の書店一体型店舗「中川政七商店 奈良 蔦屋書店」をこの春開業する奈良県最大の会議場・観光交流拠点「奈良県コンベンションセンター」内の観光振興施設に2020年4月4日グランドオープンします。

「中川政七商店 奈良 蔦屋書店」が誕生

Photo by 中川政七商店

1716年創業の老舗中川政七商店が初の書店一体型店舗「中川政七商店 奈良 蔦屋書店」を2020年4月4日(土)にグランドオープンします。場所はこの春開業する奈良県最大の会議場・観光交流拠点、「奈良県コンベンションセンター」内の観光振興施設「奈良 蔦屋書店」です。

工芸が読める。初の書店一体型店舗

Photo by 中川政七商店

創業の地、奈良県内で4店舗目の中川政七商店は「BOOK&CAFE」で有名な蔦屋書店と初コラボレーション。本と暮らしの道具、珈琲をじっくり楽しめる店舗です。

本と雑貨を一緒に楽しめる空間

Photo by 中川政七商店

工芸産地の歴史・特徴や、道具の手入れ方法など……。本を通じて学ぶことで一つひとつのものへの愛着も増すのでは?

調理道具売り場には鍋の手入れや料理レシピに関する書籍を展開。中川政七商店の暮らしの道具と蔦屋書店の選書がお互いに連動しています。本と雑貨のミックスによって、工芸の新たな魅力に触れられます。

カフェと雑貨が一緒に楽しめる空間

蔦屋書店と同様、購入前の本や雑誌を珈琲や焼き菓子とともにゆっくり楽しめます。

奈良シトロン

Photo by 中川政七商店

1個250円(税抜)、5個入り1,250円 (税抜)【限定品】

「奈良シトロン」は鹿のまるい背中をモチーフにした焼き菓子。奈良・月ヶ瀬たつみ茶園のほうじ茶をベースに練り込み、チョコレートでコーティング、カシューナッツがトッピングされています。味はほうじ茶キャラメルチョコとほうじ茶ホワイトチョコの2種類。パッケージもかわいらしく、奈良土産にもぴったりです♪

手織り麻の文庫本カバー

Photo by 中川政七商店

1,500円(税抜)【限定品】

手績み手織りの麻を使ったブックカバーにはゆったりと本を読んでいる鹿の刺繍が。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ