無料の会員登録をすると
お気に入りができます

明日の「緊急事態宣言」で変わること、変わらないこと。7つのポイント

ライフスタイル

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月7日に「緊急事態宣言」が発出される。

時事通信

対象は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県。期間は1ヶ月ほどを予定しているという。
緊急事態宣言が出ると、いったい何が起きるのか? 7つのポイントにまとめた。

1.緊急事態宣言は「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(新型コロナ対策特措法)に基づいて出される

宣言は、以下の要件が満たされた場合に出すことができるとされている。

(1)政令で定められた「国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある」などの感染症が発生し

(2)全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼす、またはそのおそれがある

2.「緊急事態宣言=ロックダウン」ではない

日本では、罰則付きの移動制限や都市の封鎖といった強硬なロックダウン措置をとることは、現行法下では不可能だ。

内閣府も「欧米におけるロックダウンのように強制的に罰則を伴う都市の閉鎖は生じません」としている。

また、安倍晋三首相も4月6日に「日本では海外のような都市の封鎖をおこなうことはいたしません」と強調した。

3.緊急事態宣言=「外出自粛」ではない

AFP=時事

緊急事態宣言下では、都道府県知事が市民に対してみだりに外出しないよう「要請」することができると定められている。指示ではなく、罰則もない(45条)。
また、知事には「期間と区域」を定めることが求められている。6ヶ月間宣言が出されるとしても、6ヶ月間自粛する必要があるわけではない。
内閣府によると、要請が出された場合でも以下のようなケースでは外出が可能という。
医療機関への通院、生活必需品の買い物、必要不可欠な職場への出勤、健康維持のための散歩やジョギングなど生活の維持に必要な場合

4.多数の人が利用する施設は?

さらに「多数の人が利用する施設」や施設を使ったイベント主催者に対し、使用の制限や停止などの「要請」をすることもできる(45条)。

こうした施設などが要請に応じない場合は、「特に必要がある」とされれば制限や停止を「指示」することもできる。ただし、これにも罰則はない。

施設については、政令(11条)で以下の通りに定められている。ただし、食品や医薬品、燃料などの生活必需品の売り場は対象外になる。

政令

また、劇場以下の施設については、床面積1000平方メートルを超えるものに対象が限定されている。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ