無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イライラした時にやってはいけないこと

ライフスタイル

ああ、イライラする! 怒りが収まらない! 皆さんにも身に覚えがある感情ではないでしょうか。そんな時は一体どうしたらいいのでしょう。イライラした時の対処法を心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいました。

(6)運動する

イライラした時は体を動かすとリフレッシュできます。

運動する時間がない場合は、エレベーターではなく階段を使うようにしたり、歩くスピードを速くしたりするだけでも効果的です。

イライラしている時にやってはいけないNG行動

上記のようにイライラを鎮める方法がある一方で、逆効果になってしまうNG行動もいくつか存在します。具体的にどんなことを避けた方がいいのでしょうか。

(1)暴飲暴食

ストレスがたまると食べて解消したくなるものですが、根本的な解決にはなりません。

食べ過ぎて気持ちが悪くなったり、お酒を飲み過ぎて二日酔いになったりして、自己嫌悪に苛まれる場合もあるので逆効果です。

(2)自傷行為

自傷行為とは、髪の毛を抜く、爪を噛む、体をかきむしるといった、自分の体を傷つける行為のこと。一度やると癖になるので、絶対にしないように気をつけましょう。

(3)人や物に当たる

イライラしているからといって、まわりの物を投げて壊したり、人に暴言を吐いたりすると心が余計に荒んでしまうのでよくありません。

特に人に当たると、その後の関係が悪くなる可能性がありますので要注意です。

(4)重要なことを判断する

イライラしている時は冷静な判断ができなくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ