無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男は見てる!お酒の席で「隠れモテ」する女子の言動

恋愛・結婚

お酒の席だと気分が良くなって、ハメをはずしてしまいがち。そんな時、意外と男性は女性の姿をよく見ています。

もし、気になっている人がいるのなら、変な姿はさらしたくないですよね。

そこで今回は、男性に上手にアプローチするために、「お酒の席で隠れモテする女子の言動」を紹介しておきましょう。

「好きだけど弱い」と飲めることをアピール

「女の子と飲みに行って、『まったく飲めない』と言われるとテンション下がります。一番いいのは『好きだけど弱い』っていうタイプ。そう言われると、酔うとどうなるのかな……と興味が湧きます」(30歳/配送)

「飲めない」と言われてしまうと、それ以上勧められないし、コミュニケーションも取りづらくなります。

逆に、「好きだけど弱い」という言葉は、男性の好奇心をそそります。

少ししか飲めなかったとしても、完全に拒否するのではなく、こういった言葉でお茶を濁すのがいいでしょう。

メニューを渡して選ばせる

「飲みに行くとまずビールを1~2杯飲みます。そのあと違うのを飲みたくなるんですが、気を利かせた女子にまたビールを頼まれてしまうことがよくあります。受け取って飲みますけど。できればメニューを渡して選ばせてくれるとありがたい」(32歳/出版)

ビールがなくなっているのを見て、気を利かせて「ビールでいいですか?」と聞いてしまうと、相手はほかのものが飲みたくても、「じゃあ、それで」と言ってしまいがちです。

本当に気を利かせるのであれば、メニューを渡して選ばせてあげるといいですね。

割りばしの袋で箸置きを作る

「会社の飲み会で隣によく知っている女子社員が座りました。手元を見たら、割り箸の袋で箸置きを作ってたんです。それまで気にしてなかったけど、ちゃんとしてる子なんだなって感心しました」(27歳/保険)

普段の食事で、ちゃんと箸置きを使っている人は少ないでしょう。こういったお酒の場になると、尚更どうでもよく感じます。

だからこそ、わざわざ自分で作って使っている人に対して、マナーがいいという印象を持ち、好感を抱きます。

時間が来たらちゃんと帰る

「飲み会に参加したらノリのいい女の子がいて、その子のおかげで盛り上がりました。終電の時間が迫ってきたらその子が『明日は仕事なので』と帰っていきました。悪い印象はまったくなく、ちゃんとしてるなって思いました」(26歳/医療)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ