無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エレガントさ最上級。大人に似合う「インナーカラー」見本帳

そろそろイメチェンをしたいけど、ヘアスタイルを変えるのは少し勇気がいるし…それならヘアカラーを変えてみませんか?カラーだけで、結構イメージが変わるんですよ。

ヘアスタイル

変えるのはポイントだけ

「カラーチェンジ」といっても、普段はお仕事があるので奇抜なカラーはNGな場合がほとんどだと思います。そこで、今回ご紹介するのがポイントカラーの一種、「インナーカラー」。

pixabay.com

パッと見は落ち着いたカラーですが、表面の髪をかき上げると内側の髪がカラーリングされている、というデザインです。束ねたりブローの仕方でカラーの見え方も変わるので、毎日がとても新鮮!

instagram.com

しかも「内側の髪だけ」という控えめさがオシャレかつ大人な上品さを醸し出してくれます。カジュアルにキメてもどこかエレガント、そんなヘアスタイルが叶います♡
photo&hair:@yuhei.chiba

インナーカラ―はこんな風

hair.cm

表面の髪色はベーシック。ダウンスタイルの状態だとカラーが入ってるとはわかりませんね。ブローで毛流れを変えると内側のカラーがチラリと見える、そんなカラーリングです。

instagram.com

内側のカラーリングのおかげでアップスタイルにした時の表情もまた違ってが見えるので新鮮です。全体のカラーリングに比べてお上品に見えるのも大人女子には欠かせないポイント。早速、スタイル別にみてみましよう。

ショートさんへ

hair.cm

こめかみの内側だけをカラーリング。風が吹いて表面の髪がフワッと動いた瞬間にチラ見えするカラーが上品です。無理に見せようとしないのも、大人の「狙ったおしゃれ」ですよ。

www.beauty-navi.com

耳に髪をかけた時にチラリと見えるカラーリングもさり気なくていい雰囲気。ブラウンなら派手さも控えめなので、初めてのインナーカラーにオススメ。オフの日にはあえて髪を耳に掛けるスタイル楽しむのも良いですね。

hair.cm

上級者さんは、内側の髪の毛全体を明るくしてしまう、というカラーリングに挑戦してみても。この場合、インナーカラーは「表面の髪と同系色」にしておくこと。全く異なるカラーリングはヤンチャに見えてしまいます。

記事に関するお問い合わせ