無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうちが極上空間に♡「ホテルライク」な家をつくる3つのヒント

インテリア

ホテルライクな家をつくるには?

難しそうに見えるホテルライクな家作りですが、3つのポイントを押さえると簡単です。まるでホテルに住んでいるかのような空間に早変わりします。

1. “空間”を大切にする

ホテルライクな部屋の共通点は、広く見えて開放的であること。奥行きや高さ、床面積が広く見えるように工夫することで一気に高級感が増します。

ホテルライクに見せにくいトイレは、なるべく物を置かず収納ボックスにしまいましょう!おしゃれなだけでなく掃除もしやすくなって一石二鳥です。

2. 色を統一する

インテリアはモノトーンや落ち着いた色で合わせるのが、ホテルライクな部屋をつくる近道。おうちのテーマカラーを1つ決めて、その色を基調として家具や家電を揃えるだけで、スッキリとした印象になります。

3. 生活感を抑える

「生活感を抑えるってどういうこと?」と思う方もいるかもしれませんが、例えばリビングの場合、物を必要最小限に抑え、テレビは壁掛けにすると床に触れる面積が少なくなり、高級ホテルにいるかのような部屋になります。

上級者の方は、目を引くようなインテリアを一つ置くことで生活感が薄まり、非日常感を楽しめる部屋になります。それでは早速、参考にしたいホテルライクなおうちを見ていきましょう!

真似したい!ホテルライクな家の参考例

ベッドリネンは白が◎

ベッドリネンを白にすることで、空間がより広く見えてホテルライクな部屋に近づきます。あまり多くの色を入れないことが重要です。

ベッドに差し色を入れるのもおしゃれ。その場合、例えばシーツと壁の色を合わせることで、シンプルながらも上品な雰囲気が出来上がります。

記事に関するお問い合わせ