無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

紫外線対策は絶対浴びない!30代の「こなれ帽子」コーデ9選

ファッション

紫外線も防げておしゃれな帽子

日差しがだんだんと強くなってきて、本格的な紫外線対策が必要な季節になりましたね。真夏はもちろん、梅雨の時期も紫外線は降り注いでいるので、これからの時期、忘れずに紫外線対策を行いたいものです。

wear.jp

帽子を取り入れたコーディネートなら、うっかり日焼けを防止しながら、おしゃれを楽しむことができますよ!そこで、大人でも、ダサくならない帽子コーデをご紹介します。

キャップ

シンプルにかぶれるキャップを使ったコーディネートは、春夏にぴったりのスポーティな印象を与えてくれます。

#Holiday ♡
貴重なお休み☺︎
のんびり過ごして私も子供もパワーチャージ💪
#おうち時間 が増えて、家でも外でもさらりと着れるリラックスワンピが今の気分💓
・
エンボス加工(表面が凹凸のある深絞りのような加工)だから、おしゃれ見えもしてくれるよ✨
ブラックワンピにベージュ小物合わせ🤤
▶︎ワンピース… @rectangle_official 
zozotownで1000円オフクーポンも出ているんだとか👀
・
・
そしてシンプルコーデのアクセントに@marcmirren のイニシャルネックレスを💓
娘と息子の頭文字を2個付けしています🎵
15%オフクーポン▶︎「seina15」6/4まで
・
キャップは#セリア 、スニーカーは#しまむら でした💁
・
・
・
#rectangle#rectangle_official#rectangle_code#レクタングル
#マークミレン#marcmirren
#mamagirl#ママコーデ#ママファッション#キャップコーデ#大人カジュアルコーデ#スニーカーコーデ#おうちコーデ#アニエスベー#しまむら購入品#しまパト#しまむらパトロール#ロングワンピ#ootd#instafashion#locari#followme#stayhome
instagram.com

大人のキャップコーデはカジュアルにし過ぎないのがポイント。落ち着いたアイテムと組み合わせることで、上品なキャップコーデにまとめましょう。

①キャップを外しアイテムにする

wear.jp

爽やかなワイドシャツをドレスシューズでまとめたカジュアルなスタイルは、キャップを外しアイテムに使うことでグッとおしゃれ度がアップします。

②きれいめシャツ×ツイードキャップでトラッドコーデ

wear.jp

きれいめシャツにツイードのキャップを合わせれば、キャップを被ったコーデでもトラッドな印象になります。そこにゆるめなパンツをONして、きっちりしていながらもどこかヌケ感のあるおしゃれなコーデの完成です。

③フェミニントップスに合わせる定番キャップコーデ

wear.jp

気温が高くなってくると活躍するのがフェミニンなデザインのトップスですよね。女性らしいイメージのアイテムに、マニッシュな印象のキャップを合わせることで、バランスのいい定番キャップコーデになります。

ハット

雨風強くて寒い1日でしたね💦
こどもたちと今日もお店屋さん開店したよ😁
うちで踊ろうを踊ったり♪
ストーリー見てね😁
みんなも踊ろう♪
・
・

#コーデ
onepeace
@uniqlo_ginza 
@uniqlo 
#スタンドカラーシャツワンピース 
163㎝/Lsize着てるよ♪
グリーンも買ってたの💚
・
・
hat
@14plusjp 
#14plus 
太めのイエローリボンがかわいすぎるハット💛
・
・
#ダッドスニーカー
は#adidas
#アディダスファルコン ・
・
bag
@marni 
#マルニマーケット 
の今年の新作のストライプバッグ😍
阪急オンラインでなんと開始5分で完売してた😭
なんとか買えたよ😭✨✨
今年は去年までのよりミニのタイプが出たの❤️
使いやすいサイズ感😍
ぁぁかわいい♡
マルニのバッグ大好き💛
*
*
#ユニクロコーデ#uniqlou
#ユニクロユー#イエローコーデ 
#大人カジュアル #大人可愛い #プチプラ #プチプラコーデ #大人女子コーデ #大人女子#オトナ女子 #大人カジュアル #ユニクロ新作 #uniqloコーデ 
#ハットコーデ #マルニ#ミントグリーン#ヘアアレンジ
instagram.com

つばが広くて、日焼け防止効果も高いハットは、これからのシーズンは大活躍が期待できますよね。トレンドとなっているバケツハットやストローハットは、積極的にコーデに取り入れたいアイテムです。

記事に関するお問い合わせ