無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べ方が面白すぎる!“黄身をのせて混ぜると変身”濃厚とろっとろプリン

グルメ

青森の素晴らしい食材を大切に、生産者の想いを詰めて、独自の製法で自然のままの色と香りのおいしいものを発信している「ナチュール青森」の「あおもり生プリン」。ミルクと卵の素材の旨味を引き出すために、黄身を“生”で加えるという独特の食べ方が斬新な新感覚プリンです。

青森の食材で作られたこだわりの「あおもり生プリン」

「あおもり生プリン」

青森のミルクと卵の旨味を最大限引き出すためにたどり着いた「生」という選択と、余計なものは入れないという「無添加」という選択から生み出された「あおもり生プリン」。
こちらは4個入りで、2680円(税別)です。

瓶に入っているプリン生地、卵、塩カラメル、エッグセパレーターとスプーンがセットになっています。

「あおもり生プリン」

プリンですが、卵が別になっているのがおもしろいですよね。素材のおいしさをもっと感じてほしいと考えた結果、黄身を後のせにすることにしたんだとか。

上手く黄身を取り出せるかしら?という方もご安心ください、エッグセパレーターが入っていますよ。

超とろっとろ!黄身の後のせでコク倍増

「あおもり生プリン」/ナチュール青森

新郷村ふるさと活性化公社の低温殺菌牛乳「間木ノ平の薫りたつ牛乳」に卵白を加え、低温でゆっくり加熱することで、ゆるいプリン生地に仕上がっています。

そのまま食べてみると、とろっとろのなめらかな食感!
ほんのり甘くてやさしい味です。このままでもおいしいかも。

黄身をのせて、塩カラメルソースをかけます/ナチュール青森

でも、待って!

ここに黄身をのせるんです。
「田子たまご村」の「緑の一番星」は薄緑色の卵。田子町特産のにんにくや、アスタキサンチンで育てられた鶏の卵は、黄身が大きくて濃いのが特徴。

その上から風間浦町の駒嶺商店が昔ながらの製法で作る「津軽海峡の塩」がアクセントになっている、特製塩カラメルソースをかけて混ぜ混ぜ。

色が既視感のあるプリン色になったら、食べごろ。それにしても斬新な食べ方のプリンです。

ミルク感あふれる白いプリンが、一瞬にしてたまご感あふれる濃厚とろとろのプリンに変身!
今まで食べたことのない新感覚、新食感のプリンですね。

混ぜるとできあがり/ナチュール青森

カフェとセレクトショップも併設されているプリン専門店

ナチュール青森のカフェ/ナチュール青森

自然あふれる青森ならではの素晴らしい食材を大切に、生産者の想いを詰めて、独自の製法で自然のままの色と香りのおいしいものを発信している「ナチュール青森」。

ひとつひとつ手作りで、青森の素材の旨さを引き出し、作りたての鮮度をそのままキープできる「ナチュール密閉製法」の”小瓶のあおもりスイーツ”を全国に発送しています。
りんごなどのフルーツを使った「あおもりプリン」もあるそうですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ