無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠りながら痩せやすい体をつくる!ダイエットに効果的な睡眠のポイント

寝ているだけでダイエットができたら、そんなにうれしいことはありませんよね。実は「睡眠ダイエット」という方法もあるほど、睡眠とダイエットには深い関係があるんです。
今回は、「睡眠がもたらす効果」や「痩せやすい体をつくる睡眠のポイント」について解説します。

美容

ダイエットしても痩せないのは睡眠不足が原因かも

bybirth.jp

好きな食べ物を我慢しながら食事制限をして、忙しいながらも時間をつくって運動もしている。こんなに頑張ってダイエットをしているのに、なかなか痩せないと感じている人はいませんか?

もしかしたら、それは睡眠不足が原因かもしれません。

夜更かしすることでムダな食欲が出てしまい、カロリーを摂りすぎてしまうこともあるのではないでしょうか?

また、睡眠不足になるとホルモンバランスが乱れ、食欲を増加させたり、代謝が低下したりしてダイエットに悪影響を及ぼしてしまうのです。

では、睡眠とダイエットの関係について、もう少し詳しく見ていきましょう。

良質な睡眠が痩せやすい体をつくる理由

睡眠不足を解消し、良質な睡眠をとることで痩せやすい体をつくることができます。では、なぜ睡眠が痩せやすい体をつくるのか、その理由について見ていきましょう。

睡眠中もカロリーが消費されているから

bybirth.jp

良質な睡眠を十分とることで、一晩あたり約300キロカロリー消費すると言われています。睡眠不足だとこの300キロカロリーを消費できないので、これだけでも単純に太りやすくなります。

睡眠中もカロリーを消費するために、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

食欲を抑えるホルモンが分泌されるから

bybirth.jp

睡眠中はいくつかのホルモンが分泌されていますが、その中でも重要なのが、食欲を抑えるホルモンである「レプチン」です。

しっかり睡眠をとることでレプチンが分泌され、満腹中枢を刺激して食べすぎを予防してくれます。

ここでもう一つ注目したいホルモンが「グレリン」です。睡眠不足になるとレプチンの分泌が減るだけでなく、食欲を増すグレリンの分泌が増えてしまうのです。

これらのホルモンの分泌が、ダイエットに大きく関係しています。睡眠をしっかりとることでホルモンの分泌が正常になり、食欲をコントロールしやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ