無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代女性婚活の実態「立ちはだかる3つの壁」

恋愛・結婚

職業は家事手伝いだったり、働いていても寿退社を予定していたりすることも。そんな女子たちに比べ、30代でようやく婚活を始めた皆さんは、築いてきたキャリアが違う。年収も違う。仕事の話だって、男性と対等にできる。そういった自負もあることだろう。

しかし、あいにく婚活の場で女性の「キャリア」を高く評価する男性は少ない。婚活市場で嫁を探す男性の多くは、女性に「家庭的であること」などを求める傾向になる。

「バリバリ仕事をしてきました!」という自信は、ともすれば減点項目にもなりかねないのだ。

(3)年上の男性からばかりアプローチされる

前述の通り、婚活市場に現れる男性は、「家庭的」で「若い」女性を求める傾向にある。

これは朗報でもあるのだが、30代女性は見ようによってはまだまだ若い。そう、40代や50代の男性から見れば「若い」部類に入らんでもないのだ。

そういうわけで、かなり年上の男性からアプローチされる機会はそこそこ得られるだろう。まだまだ30代、花盛りである。

しかし、同年代や年下をターゲットにしたい女性にとっては、婚活は苦しい戦いになりそうである。

30代女性が婚活を成功させる方法3つ

……と、まあ30代の婚活は一見壁ばかり。今まで頑張ってきたことが微塵も評価されず、何てことのない若い女性にあっけなく負けてしまう。

しかし、30代でも婚活を成功させる方法は、必ずある。

(1)自分からもしっかり好意を伝える

「女性は受け身な方がいい」「告白は男性から!」などと、奥ゆかしさを発揮してしまう女性は多いものだが、30代ともなれば恋愛の古典的スタイルにこだわってもいられない。

特に30代だからこそ、「婚活」においては、どちらかというと「恋愛」よりも「パートナー選び」という感覚で頑張ってほしい。いつまでも「女の子扱いしてもらわないと……!」などと言っている場合ではないのだ。

対等なパートナーとして、気に入った男性には自分からまっすぐに好意を伝える勇気も持ってほしい。

(2)一期一会、出会いを大切にする

前述の通り、30代女性は20代女性に比べて、そもそも「出会いの数」が乏しいという現状がある。しかし、これは好機でもあるのだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ